広告

新生活

新入社員研修の内容と目的は?ビジネスマナーを身に着けよう!

投稿日:2017年2月1日 更新日:

4月から新入社員として働き始める際、まず行われるのが新入社員研修です。

多くの企業で社員を育てるべく取り組みがされています。

内容は様々ですが、受けていると、どうして研修を行なうんだろうと疑問に感じる人もいると思います。

そこで新入社員研修の必要性を調べてみました。

研修に挑む前の心構えにしていただければと思います。

スポンサードリンク

新入社員研修の内容と目的は?

・そもそも新入社員研修って何?
新入社員研修とは、学生から社会人になる上で必要な力を身につけるために実施されます。

社内で仕事をする心構えやビジネスマナーを扱うケースが多いでしょう。

研修期間は入社後1ヶ月から3ヶ月ほど行なう傾向が強いです。

中には1年から3年といった長期に渡る研修を採用する企業もあります。

場所は社内施設に限らず、外部機関を利用して行なうこともあります。

研修実施期間に差があるのは、企業の新入社員に対しての教育方針の違いのためです。

即戦力として期待される場合、短期集中で力を身につける研修になります。

段階を踏んで徐々に育成する時には長い目で計画される傾向があります。

・新入社員研修の目的とは
一番の目的は、学生から社会人へと意識を切り替えることでしょう。

自分は社会人になったのだという心構えを研修を通して学ぶのです。

仕事が始まれば、取引先やお客様に対して「新人だから」という言い訳が通用しない場面が出てきます。

いざという時にきちんとした立ち振舞ができるか、社会人としての対応が身についているかどうかで、先方が受ける印象は大きく変わります。

また、就職した企業が具体的にどのような業務を行っているのか、配属された部署で何が行われているのか、自身に落とし込む良い機会にもなります。

業務内容を正しく理解することで、仕事への理想とギャップを埋めることができます。

ギャップが大きいままだと、早期離職につながる可能性も出てきます。

研修を通して、企業のありのままの姿を受け入れる覚悟が大切です。

研修は社会人としての意識を高め、礼節を学ぶ場というだけではありません。

企業で働くということは、少なからず現実と理想の差が生じます。

こんなはずではなかった、と後悔しないように、前向きに取り組みましょう。

・新入社員研修の内容は?
研修の方法や内容は多岐に渡りますが、基本的に以下のような内容を扱うケースが多いです。

・社会人としての礼儀作法
・コミュニケーション能力を高めるもの
・チームワークを身につけるための実習
・企業理念・風土・就業規則など会社の組織について
・企業理念の浸透
・個人情報保護といった情報管理
・業務内容や知識、技術
・目標を達成する力を身につけるもの

これらは一例で、企業がどんな能力を伸ばしたいかによって、研修内容は変わってきます。

新入社員をどう育成したいのか、企業の色が出てくるでしょう。

実際に研修が始まると、一見意味のなさそうなものや、目的がはっきりしない科目が出てくると思います。

その際は何を狙って行っているのか冷静に分析してみましょう。

困難な研修の壁にぶつかった時、どうしてこの内容が行われているのか考えることで、達成意欲が増すはずです。

スポンサードリンク

新入社員研修の内容によくある、ビジネスマナーの必要性って?

・ビジネスマナーはなぜ必要なのか
新入社員研修でよく耳にするのが、ビジネスマナーという言葉です。

ビジネスマナーがなぜそんなに必要なのだろうと考える人もいると思います。

習う時間を、業務の研修時間に充てたほうが効率が良いのでは、なんて考えてしまう時もあるでしょう。

ビジネスマナーとは、仕事をする上で必要なマナーのことを示します。

この力がないと、気持ちよく仕事ができない上に、対人関係でつまずきかねません。

お客様に信頼されるために、ビジネスマナーは重要な役割を持っています。

新人に仕事を教えるにしても、挨拶の作法や、電話の取り方が分からない人に一から教えるのは、先輩社員の負担になるでしょう。

ビジネスマナーを完璧にしておけば、仕事の理解力があがるだけでなく、お互い気持ちよく業務を行えます。

ビジネスマナーは仕事の基礎です。

ないがしろにせず、しっかりと見につけましょう。

・ビジネスマナーが持つ力
ビジネスマナーを体得することにより、以下の効果が期待できます。

・社会人としてのマナーが身につく
・職場で円滑なコミュニケーションが取れる
・取引先・お客様との信頼関係の構築
・自身の言動に責任を持つようになる

社会人としてマナーが身につくのは、効果として想定の範囲内だと思います。

ビジネスにおける服装やお辞儀の仕方、挨拶の作法、言葉遣い、他社訪問時の注意点まで、細部まで色々なマナーがあります。

お互い気持ちよく仕事をするために必須な力だと言えるでしょう。

ビジネスマナー研修を行なうことで、改めて相手の話を聞く、そして話すという大切さを学ぶことができます。

コミュニケーションが重要とされていても、なかなか実行できない人が増えてきています。

研修を通して、対話能力に自信がつき、積極的に話をする力を磨くことができます。

また、職場内での報・連・相の大切さを学ぶことにより、スムーズに仕事を運営する力が身につきます。

コミュニケーション能力が活きるのは職場内だけではありません。

マナーの中でも、接遇はビジネスシーンで重要な割合を占めています。

取引先と対面した時に、態度や言葉遣いで好印象を与えられれば、仕事がスムーズに運ぶでしょう。

仕事をしていれば電話を取る機会もあると思います。

電話口ではお互いの顔は見えません。

正しい言葉遣いが相手に良い印象を残し、企業のイメージをプラスにすることができるのです。

ビジネスマナーを重んじることで、自身の行動に責任を持ち、仕事に挑むことができるようになります。

正しいマナーを身につけることは、自分の言動は正しいのか考えるきっかけになります。

すると客観的に仕事や人間関係を見る視点が出来上がり、社会人としての自覚や自立性が高まるでしょう。

自分の発言や行動に責任を持つきっかけにもなるので、社会人としての意識が強くなるでしょう。

このように、ビジネスマナーを極めるということは、社会人として信頼される基礎を築くことにもつながるのです。

研修を軽んじることなく、ぜひ積極的に参加しましょう。

新入社員研修を制するものは、今後の社会人生活で成功を約束される可能性が高いのです。

新入社員が英語で挨拶!?自己紹介やメールへの対応は?

まとめ

企業に入社すれば必ずと言っていいほど行われる、新入社員研修。

その内容や厳しさに、時にはなぜ研修を受けているのか悩んでしまうこともあるでしょう。

ですが、研修の意味や、それをこなすことで得た成長が、社会を渡り歩く知恵になるのです。

全て自分の糧になると前向きに考え、研修に取り組んで下さい。

スポンサードリンク

-新生活
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2018 All Rights Reserved.