広告

大相撲 相撲観戦

大相撲観戦は1人でも楽しめる?行く時間 再入場は可能?

投稿日:2016年10月23日 更新日:

1人で相撲観戦に行こうと考えてる方もいるかと思います。

相撲観戦は複数人で行くイメージがあったりして、1人でも楽しめるかなというのはあります。

行く時間と再入場が可能かも気になる所ですね。

今回は1人で相撲観戦を焦点に書いていきます。

1人での相撲観戦に不安な方は、ここでしっかりと確認していきましょう。

スポンサードリンク
  

大相撲相撲は1人でも楽しめる?

私自身、両国国技館によく1人で相撲観戦に行きますが、十分過ぎるぐらい楽しめます。

両国国技館内は?

両国国技館内はかなり充実していて、全く飽きる事はないです。

両国国技館内に相撲博物館があり、展示物(時期によっては展示物が違います)や歴代横綱の写真も見れるので、相撲の歴史に触れる事ができます。

またテレビもあって昔の取組(DVD)が見れたりもします。

相撲博物館以外にも、ひより山のパネルや遠藤関のパネルも設置されていて、撮影したり、顔出しスペースの所に顔を入れて、ひより山や遠藤関と一緒になった気分を味わう事もできます。

入待ち、出待ちで力士をこの目で見る事ができます。

ただし、入待ちではルールがあり、実際に力士を見る事ができて興奮する方いて、サインを求める事がありますが、入待ちの時は取組に集中したい時なので、サインを求めるなら出待ちの時にしておきましょう。

私はサインは求めた事はないのですが、出待ちの時に一緒に写真を撮っていただけませんか?と、頼んだ事はあります。

結果は力士が快くOKしてくれて一緒に写真を撮っていただく事ができました。

この時、ルールを守る事は大事なんだなと感じました。

ちなみに親方は両国国技館内全体にいるので、見つけやすいです。

親方にサインを求めたり、一緒に写真を撮っていただく事もできます。

私は北陣親方(元関脇、麒麟児)と玉ノ井親方(元大関、栃東)と一緒に写真を撮ってもらった事があります。場所はいずれも遠藤関のパネル付近です。

両国国技館内を巡って座席に戻った後も隣の方、周りの方と取組を見ながら、相撲トークができます。

私は人見知りですが、同じ趣味という事もあってすぐに打ち解ける事ができます。

もちろん静かに集中して取組をみるものアリです。

1人でも相撲観戦は楽しめるかの不安はありますが、楽しめる要素がいっぱいあるので、心配無用です。

堂々と相撲観戦に行ってみましょう。

◆大相撲観戦ガイド◆
両国の観光スポットはこちらから!【楽天たびノート】

スポンサードリンク

大相撲観戦に行く時の入場時間は?

相撲観戦に行く時間ですが、好きな時間に行っても大丈夫です。

大相撲の取組は前相撲がある時は8時25分頃(13日目以降は10時頃)、序ノ口の取組は8時35分頃、十両の取組は14時35分頃、幕内の取組は16時10分頃から始まります。

千秋楽は約30分ずつ取組が早く進行します。

人によっては前相撲、序ノ口の取組から見る方もいれば、十両、幕内の取組から見る方もいらっしゃいます。

私のこだわりとしては前相撲、序ノ口の取組から見て、将来有望な力士を見つけたり、荒削りながら頑張ってる力士を見る事です。

十両、幕内の取組もいいですが、幕下以下の取組は、一つでも上の番付に上がろうと一生懸命、相撲を取ってる力士にほれぼれします。

また、十両、幕内の取組から取組を見ようとするとイス席(自由席でも大人は2,200円かかります)、の値段の元が取れないので、前相撲、序ノ口の取組から見ます。

イス席で一番高い席で8,000円以上かかります。

それなら、最初から取組を見ようと決めています。

これはあくまで、私の考えであり、好きな時間に相撲観戦に行っても大丈夫です。

幕下以下でお目当ての力士がいる場合はあらかじめ、番付や取組があるかを確かめた上で、両国国技館に限らず、早めに行くといいです。

大相撲を観戦時に1回会場を出ても再入場はできる?

昔は1回、会場から出たら再入場はできなかったのですが、今は1回だけなら、会場の外(わかりやすい例だと両国国技館)に出ても、再入場ができます。

私も何度も相撲観戦に行って、両国国技館外で昼食を取りたいと思い、会場の外に出た事があります。

その際に手の甲にスタンプ(ブラックライトに当てると光る)を押してもらいます。

スタンプを押してもらっても全く形が見えないので、スタンプを押してもらったという、実感はないですね。

あとその時にチケットも忘れないようにしましょう。

チケットを忘れてしまうと、スタンプを押してもらっても、会場内に入れません。

昼食を食べ終わった後に再び会場内(両国国技館など)に入る時は、まずはチケットを確認してもらってから、手の甲にブラックライトに当てて、スタンプが押されてるか確認します。

押されているのを確認できると会場内に入れます。

再入場は1回しかできないので、どのタイミングで出場するかも大事です。

何も考えずに出場してしまうと、あとあと後悔する事になります。

1回出場を考えてる場合はあらかじめ、計画的に出場するタイミングを考えておきましょう。

もちろん出場しなくても昼食は取る事はできます。

両国国技館内のおすすめの食事は?

おすすめは両国国技館内の地下にある大広間で1杯300円で食べられる、ちゃんこです。

日によって味が違うので、その場所に複数行っても飽きないです。

ちなみに食べた後に再び並べば、何杯でも食べられます。

両国周辺のホテル予約はこちらから!【楽天トラベル】

まとめ

大相撲観戦について書きましたが、私自身、初めて相撲観戦に行った時は1人でした。

ですが、周りの方と話す事ができ、相撲観戦は1人でも楽しめると確信しました。

取組はよくテレビで見る十両、幕内の取組もいいですが、幕下以下の力士にも注目するのもありだと思います。

相撲を見る目線が広がりますし、変わります。

相撲観戦に行く方々にとって最高の思い出になりますように。

◆大相撲観戦ガイド◆

スポンサードリンク

アドセンス



-大相撲, 相撲観戦
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2018 All Rights Reserved.