花粉症

花粉症の点鼻薬市販は悪化する 鼻づまりも【体験談】

投稿日:2016年10月21日 更新日:

b5fe45493b656b03661daf4be1475615_l

花粉症はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等がありますが、
私が一番辛いと思った花粉症の症状は鼻づまりです。

鼻がづまりになると鼻呼吸ができなくなり、口で呼吸せざる得なくなります。
口呼吸で喉がやられてしまうという経験をかなりしました。

今回は市販の点鼻薬を使用して辛い思いをした事を書きます。
市販の点鼻薬について不安な方はここでしっかりと確認していきましょう。

スポンサードリンク
  

市販の点鼻薬を使うようになったきっかけ

私が花粉症を発症したのは小学4年頃です。

その頃からくしゃみ、鼻水の症状が出ていました。
まだ鼻づまりに関してはさほど気にしていませんでした。

鼻づまりが気になり始めたのは中学2年頃です。
この頃になるとくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは花粉の時期になると日常茶飯事でした。

特に鼻づまりはかなりしんどかったです。

目のかゆみは目薬(市販ですが)でなんとかなったのですが、
鼻づまりだけはどうにもならず悩んでました。

鼻づまりをなんとかしたい、その一心でドラックストアに行ったら、
エージーノーズ(現在はエージーノーズ アルカレット)という点鼻薬に出会いました。

実際に点鼻するとあっという間に鼻づまりが解消されました。
これはすごいと思い、約9年にわたって、花粉の季節限定で使用する事になりました。

あっという間に鼻づまりが解消された原因が把握するまでは。
把握した後に正直、恐ろしいなと思いました。

今思えば、花粉の季節の前に耳鼻科に行くべきでしたし、
また私自身、エージーノーズを正しく使用できていればと思っています。

そしてもっと市販の点鼻薬について詳しく調べるべきでした。

市販の点鼻薬で花粉の季節を乗り越えようとしてる方々は、
病院で医師に診断をしてもらう事をおすすめします。

スポンサードリンク

市販の点鼻薬は長期間の使用で血管収縮剤の副作用が出ます

エージーノーズに出会った私はそこから積極的に使用するようになりました。
鼻づまりで辛い時はエージーノーズで点鼻、をしていました。

しかし年数に重ねるにつれてある事に気づきます。

あっという間に鼻づまりが解消されるけど、点鼻から3時間以上が経つと、
再び鼻づまりになります。それも点鼻する前よりも鼻づまり感が強くなります。

市販の点鼻薬は血管収縮剤という成分が入っていて、点鼻すれば鼻づまりは解消できますが、
効果が切れてしまうと、その反動で鼻づまり感がひどくなります。

それに気づければよかったのですが、点鼻した後の鼻づまりの一気に解消する快感が忘れられずに、
花粉症の季節はずっと使用していました。依存性が高いので、わかっていてもなかなかやめられないです。

本当に鼻がピンチの時に使用するものであって、使用期間は1週間~2週間がいいです。
それ以上使用すると鼻の粘膜(薬剤性肥厚鼻炎になったりします)に影響がでます。

でも私は約3ヶ月使用していました。1週間~2週間がいいとされている、
使用期間をはるかに超えていました。

社会人になると点鼻する間隔が4時間(本当は1日2回に抑えるのが理想です)から2~3時間と短くなってました。

点鼻してもすぐに鼻がつまるようになりまた点鼻、そんな悪循環に陥っていました。

これが血管収縮剤の入っている市販の点鼻薬を長期間使用する怖さです。

周りの方からも忠告をうけた事がありますが、
この時は血管収縮剤の怖さを全く知りませんでした。

血管収縮剤の怖さに気付いた瞬間は?

エージーノーズを使用し始めてからから9年(花粉症シーズン限定で使用していました)が経とうとした頃、
まだこの頃はエージーノーズを使用していなくても鼻づまりがひどく、
真剣に病院に行く事を決めていました。

私自身で病院を調べて考えた末に鼻のクリニック東京で診察受けようと決めました。

診察当日、様々な検査を受けて、後日から慢性鼻炎だという事が発覚しました。
ただ幸いにも薬剤性肥厚鼻炎になっていなくてよかったです。

薬剤性肥厚鼻炎にならなかったのは1年中、エージーノーズを使用しなかったからだと思っています。

担当の医師から点鼻薬ついて聞かれたので、
花粉シーズンだけ主にエージーノーズ(少しの間だけナザールを使用していた時期がありました)を使っていた事を仰ったら、
市販の点鼻薬について丁寧に説明して下さいました。

市販の点鼻薬は基本、血管収縮剤が配合されていて(市販の点鼻薬にも血管収縮剤が配合されていないのがあります)、
一時的な鼻づまりには効果的ですが、長期間使用すると鼻の粘膜の方にも影響すると説明をうけました。

この時、私は市販の点鼻薬を花粉症シーズンのみに使用していて良かったと思いました。
でもこのまま気付かなかったら1年中、市販の点鼻薬を使用する事になっていたんだろうなという怖さも湧きました。

点鼻薬の処方はステロイド点鼻薬(リノコート)です。

あとは点鼻する前に鼻うがいをするようにすすめてくれました。

ステロイド点鼻薬(リノコート)は血管収縮剤が一切入っていないので、
すぐには効果は出ないのですが、1週間前後で改善していきました。

花粉症点鼻薬の処方はステロイド 効果と副作用は?【体験談】

この時、安易に市販の点鼻薬に頼るのではなく、ちゃんと病院に行くべきだったと反省しています。

まとめ

血管収縮剤の成分はオキシメタゾリン塩酸塩、テトラヒドロゾリン塩酸塩、
ナファゾリン塩酸塩、塩酸テトラヒドロゾリン
といずれもゾリンという名前がついています。

ゾリンという名前の成分を使用してる点鼻薬は注意です。

血管収縮剤は依存性が高く、使い続けてしまうとなかなかやめられなくなります。

両親も市販の点鼻薬を使用していますが、1年中鼻がつまってて辛いと仰っています。
私が止めて病院に行くように勧めても全く聞かないぐらいです。

なので、私や両親みたいにならないように血管収縮剤が配合されている市販の点鼻薬の方はすぐに使用を止めて、
耳鼻科に受診した方がいいです。

花粉症シーズンがより一層辛くなります。

一切、鼻呼吸ができないぐらいになりますから。

花粉症関連記事

花粉症症状の一つの鼻づまりには鼻うがい?効果は?

花粉症の症状は鼻水と鼻づまりにくしゃみも 解消法は?

花粉症点鼻薬の処方はステロイド 効果と副作用は?【体験談】

花粉症で鼻をかみすぎて肌が荒れる 対処法は?【体験談】

スポンサードリンク

アドセンス



-花粉症
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.