広告

イベント

出産祝いに喜ばれるプレゼントと嫌がられるものは?

投稿日:

友人や親せきに出産祝いを贈りたいけれど、どんなものを贈れば喜んでもらえるのかわからない。

せっかく贈るのであれば、実用的であったり、記念に残る贈り物が良いと考えている方も多いでしょう。

ただ、実際に子育てをしたことがない人や、子育てからだいぶ時間が経っている人には、どんなものが良いのか想像がしづらいものです。

そこで、今回は、出産祝いに喜ばれるプレゼントを紹介します。

スポンサードリンク

出産祝いに喜ばれるプレゼントはこれ!

◆スタイ
スタイは、使う時期が長い育児アイテムです。生まれたてから、歯の生えはじめ、1歳を過ぎても使用します。

その子によって使う時期がいろいろで、生まれたてに使用しなかったとしても、1歳を過ぎたら使用したなんてこともあるので、喜ばれると思います。

赤ちゃんの洋服は、洋服自体にデザインが多いので、シンプルなものが良いと思います。
MARLMARL マールマール チュチュスカート tutu

◆月齢が経ったときの服
赤ちゃん時代の洋服のプレゼントは、サイズと季節があるのでピンポイントにプレゼントするには、相手に確認をした方が良いです。

ただ、1歳を過ぎると成長がなだらかになってくるので、長く着られるジャンバースカート、ベスト、羽織り物などは、良いと思います。

また、赤ちゃんや子供は分厚いものを着るというよりは、重ね着をする場合が多いので、いつでも着てもらえる綿などの素材を選ぶと良いでしょう。
GAP(ギャップ)

◆食器
赤ちゃんが産まれて、育児のペースがつかめて来たころに離乳食が始まります。

また、離乳期が終わっても、赤ちゃんや子供は、食器を落としてしまったりしまうので、割れない、食洗機や電子レンジも使用できるような子供用の食器は嬉しいものです。

赤ちゃんが使いやすいスプーンなども売られていますし、丸洗いできる食事マットなども便利です。
リッチェル ベビー食器 TLIシリーズ 食器セット

◆手形、足形、乳歯入れ
赤ちゃんの成長は本当に早く、新生児の頃の手や足は、あっという間に大きくなってしまいます。

新生児期のママは特に忙しく、記念に何かをしたくても機会を逃してしまいます。

実際、私も手形、足形を取りたかったのですが、出来ずに終わってしまいました。

そこで、簡単に手形や足形が取れるキットが売られています。

また、少し先の話になりますが、赤ちゃんは乳歯が生えて、永久歯になった時に保存するケースなども贈ると喜ばれます。
イシグロ メモリアルボックス

◆ベビーカーや車用のおもちゃ
赤ちゃんも1か月を過ぎるとお出かけができるようになります。

車でのお出かけやベビーカーでの電車移動などをしていると、赤ちゃんの要求に応えられなく泣かせてしまう事があります。

そんな時に車やベビーカーに付けるおもちゃがあると便利です。

特に車は、鏡のおもちゃでママの顔が見えるようにしているとお互いに安心です。
アンパンマン おでかけメロディハンドル <アガツマ> ベビーカー おもちゃ

◆子供椅子
子供の椅子は、首がすわってから使用できるものや、お絵かきなどをするときに座る椅子などいろいろあります。

首がすわり始めると、赤ちゃんの興味は広がるので、座らせるとご機嫌になります。なので、首すわり用の椅子に座らせるとママが家事を進むので便利です。
Bumbo(バンボ) マルチシート 床置きイス・補助イス

◆ベビーリュック
ベビーリュックもいろいろありますが、名入りのリュックは可愛いですね。

外出時のママは荷物がとても多いので、せめて、おむつとおやつくらいは子供に持ってもらうのも良いでしょう。
お名前刺繍入り ベビーリュック

◆ベビーモニター
ベビーモニターは寝ている赤ちゃんの部屋を映し出すものです。

我が家は、はじめはレンタルしましたが、結局、購入したくらい重宝しました。

赤ちゃんを夜、寝室に寝かせたけれど、心配で時々見に行くというママが多いと思います。

そんな時にモニターを付ければ、鳴き声も動きもわかるので、安心です。
ベビーモニター 暗視撮影可能 ベビーカメラ スマホ/パソコン対応

◆長靴
1歳を過ぎて歩きはじめると、お散歩に出かける機会が多くなります。

お出かけの日が雨の場合、足元が濡れてしまいますよね。

また、子供は水たまりが大好きです。自ら突進していきます。

ただ、3歳ごろの集団生活が始まるまでは、そんなに雨の日に遭遇するお出かけも少ないので、ママはわざわざ長靴は買いません。なので、プレゼントしてもらえるとうれしいアイテムです。
長靴 レインブーツ ベビーシューズ

スポンサードリンク

出産祝いに嫌がられる?そんなプレゼントはこれ!

正直、いらないプレゼントってあります。

プレゼントしてくれた人の気持ちを考えると申し訳ないのですが、使わずに終わってしまったなんてこともあります。

そのような事がないように、出産祝いに贈ったけれど、嫌がれてしまうプレゼントを紹介します。

◆ベビーセレモニードレス
セレモニー用のドレスは、退院やお宮参りに着せていくものです。

セレモニードレスは、妊娠中にすでに用意しているので、どんなに高級なものでもいりません。

実は、私ももらったことがあり、レースの部分を切って、赤ちゃんの部屋着にしちゃいました。

◆フォトフレーム
フォトフレームは、12か月の成長を入れられるものや身長も一緒に測れるものなどがプレゼント用に売られていますが、最近は、部屋のインテリアを気にしている人も多いので、あまりに趣味が合わないと飾れません。

相手の趣味を熟知している方ならばその人に合ったプレゼントは良いと思います。

◆抱っこひも
抱っこひもは、高価なものですしもらえたらうれしいのですが、たいてい妊娠中に吟味していたりしているママが多いです。

また、赤ちゃんによって好みの抱っこひもがあったり、生活の中で抱っこひもを全く使わない人もいますので、買うのであれば相手にブランドやカラーも確認をして買いましょう。

◆おくるみ
おくるみは、妊娠中にママが手作りしたり、産院でもらったり、バスタオルで代用出来たりと必要量を持っている人が多いです。

また他の人かぶる可能性が高いです。

◆ファーストシューズ
赤ちゃんが歩きはじめるのは1歳前後です。

歩きはじめは、頑張って育児をしてきた両親にとって、成長を感じられてとても感動的でうれしいものです。

初めて歩き始めた時に履かせる靴は、プレゼントではなく両親が、その子に合った靴を考えて購入したいのではと思いますので、もし、贈りたいのであればセカンドシューズの方が良いかもしれません。

◆ロンパース
50~60㎝のロンパースはママが出産前に用意をしています。

どんなに質の良いものでも、そんなに何枚もいりません。

プレゼントするのであれば70㎝以上の物、ただし、その子の成長によって大きく違ってくるので、相手に確認をした方が良いです。

◆歩行器、スイパーマ、スリング
これらは、少し注意をしながら使用をしなくてはならない育児用品です。

これらの商品は育児をするママの考え方が大きく出てきます。

欲しい場合にプレゼントしましょう。

◆高価な銀食器など
国内外のセレブが使用したベビーグッズが良く売れると言いますが、正直、一般庶民には高価すぎて使えなかったりします。

もちろん、記念として贈る場合もありますが、もし、贈るのであれば、ほかに少し実用的なものも添えた方が良いかも知れません。

私も記念プレートをもらいましたが、飾れるデザインでもなく、結局眠ったままになっています。

まとめ

妊娠、出産を終えて育児を頑張っているママにとって、出産祝いを持ってお客さんが来てくれるのは、良い気分転換になります。

そんな時にちょうど欲しいと思っていたものを出産祝いにプレゼントされたら本当にうれしいものです。プレゼントする時に一言メッセージを添えて、心のこもった贈り物ができると良いですね。

スポンサードリンク

-イベント
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2018 All Rights Reserved.