広告

生活

入学お祝いにも!電子辞書 高校生に人気のシャープとカシオを比較してみました

投稿日:

高校生が使う辞書といえば、分厚くて重い紙の辞書を思い出す私は、もはや時代遅れのようです。

最近の高校生は、電子辞書を持ち歩き、授業や塾で使用しているらしいです。

確かに、本のタイプの辞書は、持ち歩きも大変ですし、机の上でも幅を取りますね。

電子辞書であれば、スマートで中身も何冊分もの辞書が入っていますので、とても便利です。

今度、高校生になるお子さんに電子辞書をせがまれるかもしれませんし、また、必需品として購入しなくてはならないかもしれません。

また、親戚や知り合いに高校入学を控えている子がいるのであれば、電子辞書を贈ってあげても良いですね。

高校生が使用するのに使いやすい電子辞書と定評があるのが、カシオとシャープの電子辞書です。

今回は、この2社の電子辞書のスペックや特徴などの比較をしていきます。

スポンサードリンク
  

電子辞書 高校生が使うならどっち?シャープ編

高校生が使用するシャープの電子辞書で人気があるのは、ブレーンのPW-SH4です。
PW-SH4

◆スペック
画面:5.5型WVGA+カラー液晶(854×480ドット、横121.1mm×縦68.0mm)
タッチパネル対応
質量:約290g(付属品を含む)
メモリー容量:約500MB
使用時間:約100時間
カラー: 5色(ホワイト・ブラック・グリーン・ネイビー・レッド)

◆収録コンテンツ:170
国語33、英語102、学習23、旅行9、教養3

◆特徴
シャープのブレーンは、カシオのエクスワードに比べて画面が大きいです。

たった、0.2インチですが、その差でも実際に使用してみると使用感が違います。

スマホでも、画面の大きさで地図の見やすさやショッピングの商品の見やすさが変わってきますよね。

また、画面がスマホのように回転しますので、使用する用途に合わせて使い分けられます。

収録コンテンツでは、英語コンテンツが充実しており、英語に特化しているところです。

文系や英語コースなどを選択している方は、授業でも英語の比重が大きくなるので、電子辞書も英語に特化している方が良いかも知れません。

スポンサードリンク

電子辞書、高校生が使うならどっち?カシオ編

高校生が使用するカシオの電子辞書で人気があるのは、エクスワードのXD-G4800です。
XD-G4800

◆スペック
画面:5.3型タッチパネル(5.0型 528×320ドット TFTカラー液晶)
質量:約265g(電池込み)
メモリー容量:約100MB
使用時間:約180時間
カラー:5色(ホワイト・ビビットピンク・ライトピンク・ブルー・ブラック)

◆収録コンテンツ:約150
国語13、英語11、英会話・トラベル67、学習51、生活・実用10

◆特徴
デザインは、丸みがあり少し甘めなフォルムですが、立ち上がり画面はシンプルで見やすいです。

キーボードもゆとりがあるので手の大きい男子は打ち込みしやすいかも知れません。

シャープのブレーンに比べると英語コンテンツは少ないですが、普通に高校生の学習を進める上では十分な量だと思います。

その他の用語検索は、カシオのエクスワードの方がリアルタイムで意味が表示されます。なので、検索をしている途中で意味がわかります。

また、話題用語検索は、ヒット件数が多い。ボキャブラリーが多いので時事問題に強くなれそうです。

※2社ともに大きな大差はないようでした。ただ、英語コンテンツの違いは、カシオのエクスワードはワングレード上のXD-G4900という機種があることもあり、差があります。それを除けば、あとは自分の使いやすさや今後の進路、通う高校の特徴で決めると良いかも知れません。

まとめ

電子辞書は、自身の進路によっても重視する点が違ってきますね。

また、高校一年生で買うときと2年生で買うときとでは、年式を気にした方が良さそうです。

ついつい最新の機種が良いと思うのは親心ですが、口コミによると、友達と同じ物にした方が使い方を共有できたり、操作方法を教えてもらえたりするそうです。その方が勉強意欲も涌きそうですね。

スポンサードリンク

-生活
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2018 All Rights Reserved.