健康 健康診断

健康診断の費用はどれくらい 個人と会社で受ける時の違いは?

投稿日:

健康診断を受けたいけど、個人か会社で受ける場合の費用はどれくらい違うの?

今回は、個人と会社で受ける場合の費用を比べてみました。より安く受診する方法も一緒に参考にしてください。

<健康診断のきほん>
健康診断は、自分の体の状態について知り、日ごろの生活習慣を改めるのに役立てることができます。

毎年受けることが勧められている一般定期健診は、身体測定、血液検査、胸部レントゲン、尿検査などの11項目からなります。

一般定期健診は、保険が適応されず全額が実費となるため、どのくらいかかるのか気になりますよね。

健康診断の費用は、個人か会社、その他の条件で変わってきます。次からは、個人と会社の場合の費用を比べてみます。

スポンサードリンク
 

健康診断の費用 個人だとコレくらいかかります

自営業、フリーター、扶養に含まれない主婦の方などは、全額実費となるため、少しでも安い料金で受けられれば嬉しいですよね。

健康診断を受けられる医療機関は、一般の病院、個人診療所、保健所、健康診断専門クリニックがあり、それぞれ料金設定や提供内容が違うので要チェックです。

●病院
総合病院での一般定期健診は、9,000円~13,000円となり、18~34歳の若年者は3,000~5,000円で受けられる病院もあります。

日にちを指定しやすく、必要項目はすべて受けられ、検査結果が出るのも早いほうです。

●個人診療所
個人診療所は、一般病院よりも2,000円ほど安いことが多いです。

エコー検査や胸部レントゲン検査がない場合は、大きな病院へ紹介となるケースがあるので注意が必要です。

他にも、待ち時間や検査結果が出るのが長くなりがちな面もあります。

●保健所
保健所は、1,000~2,000円と格安ですが、対象者が生活保護者や妊婦などに限られています。

日にちの指定があったりするので利便性は良くないかもしれません。

●健診専門クリニック
健診専門クリニックでは、7,000円程度で受けることができ、値段が割安、充実した施設、迅速な対応で、安心して受けられることができるでしょう。

お近くに健診専門クリニックがあれば、一番便利な選択と言えます。

スポンサードリンク

健康診断の費用、会社で受けるとコレくらい

会社勤めをしている方は大体、会社による無料の健康診断を受けられますよね。

でも、自己都合で受診できなかった、再検査をしなければいけない場合は、会社によっては費用が自己負担になることもあります。

自己負担となると、かかる費用が心配になりますね。

しかし会社が指定する医療機関でなら、組合の補助があるため、個人よりも安く受診できます。

本人や扶養家族で対象年齢の方なら、一般健診が5000円以下におさまります。

再検査の場合ですが、保険が適用されるので本人は3割負担で済みます。

会社で費用を負担してくれない場合でも安心できますね。

一般病院や専門クリニックでも血液検査が2,000円~3,000円で済むので、ちゃんと受けに行く気持ちにつながるのではないでしょうか。

脳ドック

まとめ

健康で幸せな毎日を送るためにも定期的に受診したいのが健康診断。

個人で受ける方は、費用を抑えるためにも、ご自分の条件にあう医療機関を探してみてください。

会社で働いている方で健診を受けに行く際は、費用の負担を含め会社側と相談し、受診先を決めるといいですね。

スポンサードリンク

アドセンス



-健康, 健康診断
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2018 All Rights Reserved.