広告

生活

冬の料理に役立つ土鍋の選び方 おすすめは?ih対応の土鍋はある?

投稿日:

寒くなって来ると、鍋の季節がやってきたなと思う方も多いのではないでしょうか?

家族で囲めて、暖かくて、冬にお鍋は必須ともいえるでしょう!

そんな必須な鍋ですが、鍋自体も種類が増えてきているのです!今回は鍋についてご紹介させて頂きますね。

スポンサードリンク
  

土鍋のおすすめはどれ?世帯構成に合わせて説明します!

土鍋と言っても種類が沢山ありますよね。萬古焼、伊賀焼、セラミックが代表的です。

そして、家族の人数に合わせて、土鍋の大きさも違ってきます。

そこでまずは土鍋の大きさについてお話しさせて頂きますね。

実は土鍋のサイズは3号から10号まであるのです。

3号は直径約15㎝、4号は直径約19㎝、5号は直径約20㎝のもので、子供用から一人鍋サイズとなっており、6号は直径約22㎝で1~2人用、7号は直径約25㎝で2~3人用、8号は直径約28㎝で3~4人用、9号は直径約31㎝で4~5人用、10号は一番大きく直径約35㎝で5~6人用となっています。

大人数で鍋を囲みたいときは10号がおすすめです。幅広く使い方には7号がおすすめです。

また、素材についてですが、蓄熱性に優れているのは伊賀焼、手入れがしやすいものは萬古焼になります。

私のおすすめはセラミックの土鍋です!

なぜなら、IHにも対応しているものが多く、手入れのしやすさ、割れにくさといった点があるからです。

是非、ご家庭の人数、使用した時の便利さを考えて選んでみて下さいね。

スポンサードリンク

ih用土鍋の選び方はどうする?

冬の食卓に欠かすことが出来ない土鍋。

昔はカセットコンロの上に土鍋を置き、加熱するのが普通でしたが、IHクッキングヒーターの普及により、IH対応の土鍋も続々と出てきております。

IH対応の土鍋は鍋の底に鉄製の加工をしているものです。

選ぶポイントとして、機能性、デザイン、鍋の深さがありますので、それぞれお話させて頂きます。

そして、絶対にIH対応かどうかの確認をしてくださいね!

機能性としては、まず自分が鍋で何を作りたいのかということを考えて機能を選ぶとよいですよ。

鍋はもちろん、炊飯、蒸す、焼くなど、鍋を選ぶときに出来ることを確認して選ぶようにしましょう。

次にデザインですが、昔より今は色や形も沢山あります。

鍋は基本長く使うものになりますので、飽きが来ないデザインを選ぶと良いと思います。

また、深さに関してですが、これも種類が沢山あります。

自分がどういう用途で使うことが多いのかを考えて合った深さのものを選ぶようにしましょう。

まとめ

長く使える土鍋だからこそ、これからを見越して選ぶようにしましょう。

昔ながらの土鍋もありますが、近年はIH対応の鍋も続々と出てきています!

そして、機能性、デザイン性も幅広く用意されている状態です。

その中から一つを選ぶということは大変悩むことかもしれませんが、これから自分がどういう用途で使うことが多いのか、そういうシーンで使うのかということを想像して選んでみて下さいね。

スポンサードリンク

-生活
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2018 All Rights Reserved.