生活 賃貸

賃貸の保証人不要の意外な落とし穴 メリットデメリットは何?

投稿日:

新社会人で初めて一人暮らしを考えている方、これから増えてくる時期ですね。

私も初めての一人暮らしの時は、昔は携帯、ネット等があまり普及はしていなかったので不動産会社を実際に周って探していました。

手続きも身内が保証人で、確認の電話がいったり、また契約書に実印を押印、印鑑証明書を取ってもらったりと負担はありました。

これからお住まいを探す人はそんな不安も抱えている方もまだ多いかもしれません。

でも今は、部屋を借りる場合、保証人不要が当たり前になってきております。

まずは賃貸保証人不要のシステムをしっかり理解して頂きメリットとデメリットを理解して頂けたらと思います。

スポンサードリンク

賃貸保証人不要の物件とは?

簡単に言いますと賃貸保証人不要の物件とは身内、また他人に迷惑をかけることがなくご自身単独で部屋を借りることができることです。

今でも冒頭で記載させて頂いた通り、部屋を借りる場合、保証人が必要な物件もありますが以前と比べて非常に少なくなっています。

他サイトで保証人不要の物件は何かあるのではないか?と言った不安内容を記載しているところもありましたが、今はそういった理由で保証人不要を宣伝している物件はありません。

もしも保証人が必要な場合は下記に当たります。
 

・借りる人が未成年
・審査で少し不安がある方、現在無職で安定した収入がない方。
※基本無職の場合は借りられない会社が多いです。

そもそもなぜ保証人不要なのか?

まずは借主、貸主にとって下記の理由が多かったため、保証人不要システムを導入する会社が増えたことは下記の理由が上げられます。

借主
 ・保証人になってくれる身内がいない方が意外に多いこと。
 ・身内が遠方で、郵送での手続きで時間がかかること。
 ・いきなりの転勤ですぐに借りたいが保証人が必要な為に時間がかかってしまうこと。
貸主
 ・せっかくお客様が借りたいと言っているが保証人がいない為にお客様を逃してしまうこと。
 ・保証人が途中で亡くなっていたり、保証人と連絡がとれなくなってしまったりすること多く保証人の意味がない場合が多いこと。

 
保証人不要を宣伝している不動産会社は保証会社を利用することがほとんどです。

以前、保証人は個人でしたが、会社にお金を払って保証人になってもらうのが保証会社です。審査は当然にあります。

審査次第では「借りられない。」「保証人1人必要」または「敷金追加」といった場合もありますのでご注意ください。

大手の不動産会社はほとんどこのシステムを導入しており、メリットとデメリットも当然あります。

スポンサードリンク

賃貸保証人不要の物件を選ぶメリットとデメリット

不動産会社が提携している保証会社のシステムによって異なりますが基本的に下記のことがほとんどです。

メリット
  ・身内、また他人に迷惑をかけずに部屋を借りることができます。
  ・手続きも早く借りることができます。
  注)部屋によって時間がかかる場合もあります。
  ・不動産会社にもよりますが保証人不要の場合、保証会社を利用することにより、敷金0円という会社もありました。
デメリット
 ・保証人不要の場合、保証会社を利用することが多く費用負担が増える場合もあります。
 ※保証会社に支払う保証料は一般的に家賃0.5か月~1か月です。保証料は基本戻ってきません。
 ・審査が厳しい場合もあります。

まとめ

賃貸保証人不要は、不動産会社同士の競争でよく宣伝をしております。

ご自身が借りたい物件が保証人不要の物件でない場合もありますが、今後の物件探しの参考になると思います。

メリットとデメリットをしっかり理解して頂き、そして不動産会社のシステム内容をよく理解して良い物件を見つけてください。

スポンサードリンク

アドセンス



-生活, 賃貸
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.