はちみつ 食べ物

びっくり!はちみつにはこんな効果や効能があった!美肌を手に入れよう!

投稿日:

はちみつが美肌にいいってご存知でしたか?

はちみつが肌にいいのは知っていても、どんな効果があるのか肌がどう変わるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、はちみつがどんな風に働きかけて、どんな効果があるのかご紹介!知ると納得の「はちみつ効果」です。

スポンサードリンク

はちみつってこんな効果と効能があるんです

はちみつの効果・効能は、驚くほどたくさんあります。

はちみつの効果・効能は、飲んで・塗って・食べてと生活に取り入れることで実感できます。

〇はちみつの効果・効能
疲労回復・口内炎の改善・整腸作用・二日酔い防止・動脈硬化のほかに、擦り傷・切り傷に、風邪の初期症状に効果的に働きます。

疲労回復・整腸作用・二日酔い防止・動脈硬化などには、コーヒーや紅茶・白湯などに溶かして飲むのが効果的です。

口内炎・擦り傷・切り傷には、直接塗布します。

風邪の初期症状には、水にとかしてうがい薬の代用にします。

このようにはちみつは様々な場面で活躍する万能で健康に繋がる食べ物です。

はちみつは、ダイエットにもいいと言われています。

はちみつは、エネルギーとしてすぐに使われ脂肪燃焼に一役買ってくれるのです。

甘みがあるのにカロリーは白砂糖よりも低く、少しの量で満足感があるので、ダイエットをしてる方にはぴったりの甘味料にもなります。

白砂糖は体を冷やし代謝を滞らせてしまうことがありますが、はちみつは代謝を上げます。

体の代謝が上がると「冷え性の改善」に繋がり、免疫力アップにも働くので「疲れやすい・風邪を引きやすい」「ダイエットをすると便秘がちになる」など、体の代謝が落ちているときにもはちみつは活躍します。

はちみつは、はちみつ加工のものではなく、純粋はちみつ100%のものを選ぶようにしましょう。

はちみつの効果・効能をしっかり実感するには、100%ものがおすすめです。

加工されたものは、はちみつ以外の成分が含まれていることがあるので、はちみつそのものの効果を得にくくなります。

せっかくなら、効果・効能を実感するためにも、純粋はちみつ100%のものを選んでくださいね。

はちみつ100%であれば、賞味期限が5年と長く栄養も損なわれることを防ぐことが出来ます。

購入するときに大きいのがお得だったからと買ってみたものの、加工されたものだと保存が難しい場合があります。

小さくても加工品ではないもので、しっかりと使いきれる量のはちみつを選んでくださいね。

スポンサードリンク

はちみつの効果で肌がきれいになる!?

はちみつには、美肌の栄養となるアミノ酸・ミネラル・ビタミンが豊富に含まれていて、肌をきれいに導く効果が期待できるのです。

世界三大美女のクレオパトラは、美しさを保つためにはちみつを塗り、口にしていたと言われています。

中国の薬学でもはちみつは美容効果のあるものとされているんですよ。

美肌の敵となるストレスの緩和・便秘による肌荒れやニキビの改善・夕方のお疲れ顔の予防にもはちみつは効果を発揮します。

夜寝る前に温めた牛乳にはちみつを足すことで、眠りを誘い、眠っている間に働く美肌の成長ホルモンを活発化させます。

成長ホルモンはストレスの緩和にもつながるので、眠りが浅くて疲れがたまりやすい方はぜひ試してみてくださいね。

はちみつには整腸作用があるため、日常の食事に取り入れることで、便秘が解消され、腸内環境が整います。

腸内環境が悪いと毒素が溜まります。

その毒素が体の弱い部分の顔に出てしまうのです。

これが、ニキビです。はちみつの整腸作用でニキビの出来にくい肌へと導きます。

ストレスニキビにも、はちみつが効果を発揮するので毎日の食事・飲み物にプラスしてみてくださいね。

夕方のお疲れ顔の予防には、体の内から外からのケアです。

はちみつを夜の肌のお手入れの最後にクリームと混ぜて、肌に使うとしっとりすべすべに!

ただし、肌に塗る場合にはパッチテストをしてからにしましょう。

二の腕の内側に塗って約一日は様子を見ましょう。

赤くならないか腫れていないかなど肌の状態を確認してから、肌のケアに使いましょう。

そして、いつもの飲み物にはちみつをプラスすることで疲労回復効果を早め、肌のお疲れを予防!

白砂糖は、お疲れ顔の加速・ゴルゴラインをくっきりとさせると言われているので、この機会に白砂糖からはちみつに変えてみてはいかがでしょうか。

唇の荒れには、はちみつを唇に塗って、ラップをして10分置きます。洗い流さなくていいので気軽に唇のケアが出来ます。

冬になると暖房を使うからか、口周りの乾燥に悩む私ですが、はちみつで保湿をするようにしたらかなり改善されました。

市販のリップでも荒れてしまうので、リップ選びには毎年苦労していましたが、今でははちみつにお任せしています。

肌には、風が強く「肌が痛いな」「化粧のノリが悪いな」と乾燥を感じたときに使うようにしています。

しっとりとして化粧のノリが変わっていくので、生理前後に揺らぎがちな肌のコンディションを整えたいときにも使っています。

ただ、美容に使うはちみつは、やはり純粋はちみつ100%ものにしています。

肌に直接使うものなので選ぶときには裏の成分表をしっかりとチェックしています。

間違って購入して肌ケアに使ったとき、甘い香りでベタベタするだけの肌となり後悔とその後の洗い流しに苦労したことがあります。

やはりここは「純粋はちみつ100%」で、はちみつの効果をしっかりといただきましょう。

まとめ

はちみつは、口にしても良し・肌に塗っても良しの万能な食べ物です。

しかし、加工されているものではなかなか効果実感を得られず、反対に肌が荒れてしまうことがあります。

はちみつの効果・効能は、はちみつを選ぶ時から始まります。

成分ラベルを見て、はちみつ100%のものを選び、乾燥・ニキビなどの肌トラブル知らずのツヤツヤ肌にしちゃいましょう。

保存は常温で大丈夫です。ただし日の当たるとこに置くと変質することがあるので暗いところで保存します。

はちみつを直接顔に使いたいけれどそのままはちょっとという場合には、はちみつ入りのスキンケア品を使ってみてはいかがでしょうか。

はちみつ入りのスキンケア品でも、はちみつの効果を実感できるので安心していくださいね。

はちみつは食生活や飲み物・肌ケアに取り入れるだけで、ストレス緩和・体内デトックスが出来て、肌ストレスもやわらげます。

気軽に出来て体の内側と外側からとケアが出来て、体の中からきれいになり、美肌に繋がるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

アドセンス



-はちみつ, 食べ物
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.