アメリカ クリスマス

クリスマスにおけるアメリカの過ごし方とは?日本との違いは?

投稿日:

アメリカと日本ではクリスマスの過ごし方が違うような気がすると思われている方もいるのではないでしょうか。

アメリカと日本でのクリスマスの違い、かなり興味がありますよね。

そこで今回は、アメリカと日本でのクリスマスの違いについて調べてみました。

そこにはクリスマスに対しての考え方やとらえ方の違いが大きく関わっていました。

アメリカと日本、それぞれのクリスマスを覗いてみましょう。

スポンサードリンク

クリスマスにおけるアメリカの過ごし方とは?

元々アメリカではキリストの生誕日として、キリスト教信者の方がお祝いする日とされていました。

ところが、宗教などの壁がなくなったことがきっかけとなり、アメリカでは12月25日の祝日を楽しむようになりました。

11月の感謝祭が終わると同時に、一気にクリスマスへと街も模様替えします。

ここからがアメリカと日本の違いになりますが、クリスマスイブとクリスマス当日は、お店はほぼお休みとなります。

「え?!ディナーの予約入るのでは??」と思いますが、実はアメリカのクリスマスは「家族と過ごす大事な日」となっているのです。

ホームパーティーがほとんどです。

クリスマスには残業なし、仕事お休みと、日本でいうと「新年」と同じだと思ってもらえると分かりやすいかと思います。

日本の年末年始は家族で過ごすもので、お店も休みでおせちを作り過ごすものでした。

新年の挨拶に出かけたり、年賀状でいい年となるようメッセージを送るといった「昔懐かしい日本のお正月」の過ごし方が、アメリカのクリスマスの過ごし方なのです。

クリスマスのカードが日本でいう年賀状なのです。

ホームパーティーも家族と過ごしますが、家族の恋人・親戚も集まります。

ホームパーティーに招かれた人は、プレゼントを持参し、招いてくれた家のモミの木の下に置きます。

家に大きなモミの木を準備するのは、プレゼントの置き場はここですよとお知らせする意味もあるのですね。

感謝祭が終わるとホームパーティーに招かれることも多くなり、プレゼントを準備しモミの木の下に置いて、家庭料理をいただき楽しむ。

「家族」に重きを置く日だということに、昔懐かしい日本を感じたのは私だけでしょうか。

スポンサードリンク

クリスマスの過ごし方はアメリカと日本で違いがある?!

アメリカのクリスマスと、日本のクリスマスではやはり違う部分が出てきます。

アメリカはクリスマスには家族と過ごす日と大事にされているもため「お店が休みになる」「仕事をしないか残業がない」ということに対して、日本は「恋人と過ごす日」「お祭り」「クリスマスディナー」を楽しむと、クリスマスそのものに関しての考え方に大きく違いが出ています。

しかし、クリスマスカードを送り新年を祝う、家族と一緒に過ごすことを考えると、日本の年末年始と似ているところがありますよね。

日本では年末年始があることで、クリスマスがお祭りになったりアメリカとの考え方や過ごし方が変わるのも納得ですよね。

アメリカでは感謝祭のほうが、日本でのクリスマスと似ているところがあり、パレードが行われイベントを楽しんだりと、みんなが楽しむ日になっているようです。

まとめ

アメリカと日本でクリスマスの過ごし方が違うのは、そもそも「クリスマス」ということへの考えた方の違いがあるからですが、家族を大事にし、一緒に過ごそうという時間を作る行事があることは同じです。

ただ、それがクリスマスかクリスマスでないかの違いだけのような気がします。

皆さんはどう思いますか?

日本にクリスマスという文化がもともとなかったのですから、過ごし方も考え方もとらえ方も違って当然だと思うのです。

要はクリスマスをどう過ごし楽しむかは、自分自身にあると思います。

私は、せっかく伝わったクリスマス文化ですから、アメリカのクリスマスを真似して楽しんでみるのもよし、日本のクリスマスを楽しむのもよしだと思います。

家に大きなモミの木を飾り、下にプレゼントが積み重なっているクリスマスは子供にとっても大人にとっても憧れではありますよね。

節目の年などに、アメリカのクリスマスで過ごすのも思い出となっていいかもしれませんね。

皆さんは、今年のクリスマス、アメリカと日本とどちらの過ごし方でクリスマスを楽しみますか?

スポンサードリンク

アドセンス



-アメリカ, クリスマス
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.