花粉症

秋の花粉症における特徴的な症状とは?対策はどうする?

投稿日:

花粉症と聞くとスギやヒノキが厳しい春を思い浮かべる人は多いと思います。

ですが、油断できないのが秋の季節にある花粉症。

秋は針葉樹ではなく、ヨモギやブタクサなどの地上に近い植物の花粉が飛んでいるのです。

今までは大丈夫と思っていても、急に症状がでることもあるみたいです。

詳しくみてみましょう。

スポンサードリンク
  

秋の花粉症の症状とは?

実は結構、秋に花粉症になる人が多いようで、1年の内、「春と秋のダブルパンチで苦しい」なんてよく聞きます。

秋はキク科の植物であるブタクサ・ヨモギなどの花粉や、イネ科の花粉が飛びます。

秋と言っても夏の暑いときから飛んでいる地域もあるんですよ!

河原や空き地などに生息しているブタクサ、ヨモギは住宅地に近いところでも見つけられます。

カモガヤなどのイネ科の草も全国に広く分布しており、時期も夏から秋にかけて飛びます。

症状としてはスギやヒノキの花粉と同じように鼻・目のかゆみ・炎症、皮膚のかゆみなど全身に起こります。

知らない間に体に取り込んでいる場合もありますので、気になる方は専門家にご確認を!

スギ花粉と違ってブタクサ花粉は粒子が小さいので気管にはいって喘息のような症状が出るケースもあります。

個人差はありますが、花粉によっても症状が大きく変わるので把握しておいた方がいいですよね。

スポンサードリンク

秋の花粉症を乗り切るための対策とは?

第一の対処法はただ草が生えているところに近づかなければ症状は軽くなることがほとんどなのだとか。

針葉樹に比べて草類は背が低いのであまり遠くまで飛ばないのです。

ただし風が強い日や乾燥している、前日が雨の日だと飛びやすくなるので、注意が必要です。

どうしても外出しなければいけない時は、マスク、ゴーグル、帽子などの装備が絶対要りますよ!

春と一緒で花粉の付きやすい服装は避け、ファンデーションにもつかないようにメイクは控えめがおススメです。

帰った後も衣服についた花粉を振り払わなければなりません。

手洗いやうがいも春の季節と同じようにして、こまめに行いましょう。

それでも症状が出てしまうという人は早めに薬を飲んで初期療法に取り掛かりましょう。

まとめ

私は秋の花粉症ではないのですが、急に春花粉の餌食になりました(笑)

しかも急に治るという花粉に飽きられて捨てられた感・・・。

それに加え、秋にも同じ症状だと辛いですね。

会社の同期が春プラス秋型の花粉症で、たまに声も出なくなるし鼻声だし、とても大変そうでした。

やはり個人差もありますが、早め早めに対処しておくのをおすすめしますよ。

花粉症関連記事

花粉症の点鼻薬市販は悪化する 鼻づまりも【体験談】

花粉症点鼻薬の処方はステロイド 効果と副作用は?【体験談】

花粉症目の対策はメガネ?マスクで曇る?遮断の効果は?

スポンサードリンク

アドセンス



-花粉症
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.