クリスマス 休暇

クリスマスに仕事を休むのはナシ?!休むために役立つ理由や口実とは?

投稿日:2017年8月28日 更新日:

クリスマスに休暇を取って、恋人やパートナーと過ごしたいと思われている方は本当に多いと思います。

ここで本当は「上手に会社を休める方法」をと思ったのですが、クリスマスに休むのは普段の時と違う、異様な雰囲気に包まれてしまいます。

さらに、クリスマスに休んだことでネチネチ言われるようなのは避けたい!

ということで、どうしたら「上手に有給休暇や休暇制度を使うか」をご紹介したいと思います。気持ちよくクリスマスに休みを取りたい方必見です!

スポンサードリンク

クリスマスに仕事を休むのはダメなのか?

クリスマスに仕事を休むのはダメなのかということに関しては「普段の仕事への態度・取り組み方」が大きく関わってくることは言うまでもありません。

やはり、人によってクリスマスに休んで「好意的」に受け止めてもらえる人と「否定的」に受け止められる人がいます。

この大きな差は「仕事への取り組み方」です。

クリスマスに仕事を休むのは「有給休暇」を使えば何の支障もないわけですが、みんながクリスマスに休暇を取るようであれば、会社としては成り立ちません。

自分が休むということは誰かが我慢をするということなので、どうしても休暇を取りたいときには「前もって数か月前に休暇を取ってしまう」ようにしましょう。

クリスマスに仕事を休むのがダメなのではなくて、気持ちよくスムーズに休みを取るためにも、休みを楽しむためにも、仕事をしっかりとこなし休みを取りやすいようにしましょう。

正直、どんな口実を使っても「クリスマスに休む」ということで「恋人と過ごす」ことは知られてしまうのですから、周りに好意的に受け止めてもらえるようにしておきましょうね。

スポンサードリンク

クリスマスに仕事を休む際に使える理由とは?

クリスマスに仕事を休む際に使える理由は、はっきり言ってありません。

身内の不幸を理由にして休む方がいますが、本当に不幸が起こった時に休めず困ることがあります。

インフルエンザなどの感染症の疑いがあって休む場合には、診断書を求められることがあります。

検診・検査だという場合には「集団検診」を行っている会社では使えませんし、検査なら「終わったら出社」をと言われることがあります。

数日前から体調不良を訴えておき当日休んでも、外出先で取材カメラが回っていてバレてしまうこともあるのです。

どうしたって休めないのかと思われた方、まずは会社の休暇制度をチェックしましょう。

有給休暇だけではなく、バケーション・アニバーサリー・リフレッシュなど、様々な休暇が設けられている会社もあります。

思い切ってその休暇制度を使って休みを取ってみてはいかがでしょうか。

あとは、堂々と有給休暇の届けを出すことです。

有給休暇の届けは事前に出す会社が多く、理由も「私事都合により」で済み、理由を問われることもありません。

堂々と有給休暇の届けを出したほうが、後ろめたさもなく堂々と過ごせるものです。

有給休暇を気持ちよく受け取ってもらうためにも、クリスマス前後に休日出勤を自ら買って出る、年末年始の休暇は融通を利かせるなどの配慮はするようにしましょう。

周りへの配慮で「クリスマスに仕事を気持ちよく休めて、恋人と過ごすことが出来る」のです。

まとめ

クリスマスが休日ではなく、平日でどうしても一緒に過ごしたいと思う気持ちは分かります。恋人やパートナーも同じ気持ちだと思います。

有給休暇や様々な休暇制度を使って休むことは悪いことではありません。

しかし、周りも同じようにクリスマスを恋人やパートナーと過ごしたいと思っていると思うのです。

周りにさりげなくクリスマスの予定を聞くなどして、休むタイミングをうまくつかみましょう。

もしも休みが取れないときには、日にちをずらしてクリスマスを楽しむことも考えながら、恋人やパートナーと話をしてみるのも意外と楽しいですよ。

クリスマスに休暇をスムーズに取れるよう応援しています。

周りへの配慮・仕事への取組み・休暇届は早めに出すの3つのポイントを押さえて、クリスマスに素敵な日が送れますように。く

クリスマス関連記事

クリスマスにチキンを食べる驚くべき理由とは?!意外と知らない由来は?

クリスマスケーキの相場は?予約はいつから?デートで食べる?

スポンサードリンク

アドセンス



-クリスマス, 休暇
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.