紅葉関係

圧巻!紅葉シーズンを迎えた富山のおすすめスポットは?見頃はいつ?

投稿日:2017年8月24日 更新日:

皆さんは、この秋のご予定はもうお決まりでしょうか??

「どこかに出かけたいけど、、どこに行こうか…」お悩みのあなた、今秋こそ、紅葉の北陸に出かけてみませんか??

今回ご紹介するのはズバリ「富山」!富山県は、その広さと標高差のある地形から、土地ごとに様々な表情が持っています。

そんな富山へ今年ぜひ、紅葉狩りに行きましょう!

スポンサードリンク

紅葉シーズンの富山で1度は見ておきたいおすすめの場所は?

1.黒部峡谷(くろべきょうこく)

富山の紅葉スポットでダントツの人気を誇るここ黒部峡谷は、日本一深いV字峡谷として有名です。

長さにして86km、標高差3000mを流れ下る黒部川の上・中流域に位置する峡谷で、その平均斜度は36度。紅葉の間を一気に下り落ちるその様はまさに圧巻です!

また絶対に外せないのが、ここ黒部峡谷を走り抜けるトロッコ電車。

赤黄に染まる自然林の間を縫いながら、電車の車窓からこの絶景を楽しむ事ができます。

そして途中で駅を降りて、欅平・鐘釣を歩いて楽しむのもまた一興。

こちらの黒部峡谷鉄道様のサイトでは、観光客の方それぞれのご予定や楽しみ方に合わせたプランが紹介されていますので、よろしければ是非ご参考下さい!

黒部峡谷鉄道ホームページ

2.立山・室堂平(たてやま・むろどうだいら)

標高約2450mに位置するアルペンルートの中心地。高さ3000m級・壮観の立山連峰とナナカマドの色づきを望むここ室堂平は、まさしく富山の観光拠点。

約2時間のハイキングルートを回りながら、草木生い茂る雄大な自然を堪能する事ができます。

ちなみに室堂とは山中で修験者が宿泊したり祈祷をする場所で、江戸時代に造られたここ立山の室堂は、日本最古の山小屋だと言われています。

そんな室堂平、中でも見どころは、眼前にそびえる剱岳(つるぎたけ)を中心に、日本アルプスで最も深い「みくりが池」、火山活動を見ることのできる「地獄谷」など。

写真や映像も良いかもしれませんが、是非今年、その目で生の自然をご覧下さい!

スポンサードリンク

3.神通峡

電車、ドライブ、徒歩でも楽しめる「神通峡」!

神通川に沿って幾重にも重なる山並みを見渡す事ができ、そこに見事なまでの紅葉が色を添えます。

県定公園として認められているここ神通峡。

高原川と神通川が合流する事によって生まれた約15kmにも渡るV字峡は鋭く切れ込み、自然の造形美を感じさせます。

中でも片路峡(かたじきょう)の紅葉は必見!飛騨の山々の雪解け水が激流となり岩を噛む様は圧巻の光景で、県内有数の景勝地となっています。

その他にも穏やかなダム湖や展望台、国の有形文化財「旧笹津橋」、天然記念物である猪谷の背斜・向斜など、たくさんの見どころが。

ゆっくり歩くもよし、神通川に沿う国道41号線をドライブするもよし、様々なルートからご堪能ください!

富山県の観光スポットはこちらから!【楽天たびノート】

富山の紅葉はどのタイミングが見頃?

行く場所、気象条件にもよりますが、例年10月~11月が見ごろです。

比較的早めに色づきが始まる場所から11月に入って見ごろを迎える場所まで様々ですので、行く前に天気予報や紅葉スポットのHPなどをチェックしておくと安心ですね。

富山県のホテル予約はこちらから!【楽天トラベル】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

富山の紅葉スポットの特徴は何と言ってもそのダイナミックさにあります!歩きで、車で、是非色々な角度からお楽しみ下さい!

紅葉関連記事

圧巻!紅葉の秋田のおすすめは?見頃はいつになる?

圧巻!紅葉シーズンを迎えた茨城のおすすめスポットは?見頃はいつ?

スポンサードリンク

アドセンス



-紅葉関係
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.