ニット帽 生活

ニット帽は洗濯機で洗える?失敗しない正しい洗濯方法教えます!

投稿日:

洗濯をするときって、物によっては洗濯していいのかどうかわからないし戸惑いますよね。

特に繊維によって洗濯していいものと悪いものもあるのでどうしていいかわからなくなることもあるかと思います。

ニット帽なんかもその一つではないでしょうか。

そこで今回はニット帽の洗濯についてまとめさせていただきました。

この記事さえ読めばニット帽の洗濯についての知識が身に着くと思います。

ぜひ皆さんの日々の生活に役立ててください。

スポンサードリンク
  

ニット帽は洗濯機で洗えるの?

そもそもニット帽って洗えるのでしょうか?

実は洗えるかどうかはニット帽によって違い、洗ってもいいかどうかは洗濯絵表示を見ればわかるようになっています。

したがって、まずはニット帽の裏面についている洗濯絵表示を見てみましょう。

洗濯絵表示の中に洗濯機のマークや手洗いのマークがあれば洗濯できます。

逆にこの二つのマークがなければ、洗濯できないということになります。

また、物によっては洗濯絵表示がない場合もあります。

その場合は素材で判断するしかありません。

基本的には、ウールやカシミヤなどの動物繊維を使っている場合、洗濯できないことが多いので注意が必要です。

スポンサードリンク

ニット帽の洗濯方法について

ここからはニット帽の洗濯方法について解説していきます。

ニット帽は、洗濯機で洗うと型崩れを起こしてしまいます。

したがって基本的には手洗いになります。

準備するものは

・洗い桶
・中性洗剤(おしゃれ着洗い用のものがおすすめです)
・柔軟剤

の3つとなります。

ではやり方について解説していきます。

1.洗い桶にぬるま湯をためる

ニット帽が浸かるぐらいの量のお湯(ぬるま湯)を洗い桶に溜めます。

この時、ぬるま湯の中に中性洗剤を適量入れます。

2.ニット帽を押し洗いする

続いてニット帽を押し洗いします。

やり方としては決して力を入れず、やさしく手のひらで押したり、持ち上げたりして洗います。

3.ニット帽をすすぐ

続いてニット帽をすすぎます。

洗剤が残らないように、しっかりとすすいでください。

4.ニット帽を脱水する(タオルドライも有効)

続いてニット帽を脱水します。

脱水は自力ではできないので、洗濯機の力を借りることになります。

ポイントとしては型崩れを防ぐために洗濯ネットに入れて洗濯することと、脱水は1分ほどで止めることです。

理由としては洗濯機の脱水は回転が速いため、そのまま最後まで脱水してしまうと、ニット帽が伸びてしまい型崩れしてしまうからです。

また、洗濯ネットに入れずに洗濯してしまうと同じく型崩れの原因になります。

したがって、なるべく洗濯ネットに入れて脱水は1分ほどで止めましょう。

また、どうしても型崩れが怖い方はタオルドライで乾燥させるという方法もあります(私は洗濯機での脱水ではなく、タオルドライで乾燥させています)。

タオルドライのやり方は、大きめのバスタオル等でニット帽を包み、軽く押さえることにより水分をタオルに移動させるだけです。

タオルドライはニット帽をはじめとした、脱水できないものには非常に有効な手段だと思います。

5.柔軟剤を使用する

続いて柔軟剤を使用していきます。

洗い桶の中身を一旦すべて捨てた後、水を溜めます。

その水に柔軟剤を入れ、先ほど脱水したニット帽を浸けます。

注意点としては洗う時と一緒で決して力を入れず優しく押すように染み込ませてください。

6.タオルドライで水気を切る

続いてニット帽の水気をタオルドライで切ります。

タオルドライのやり方は④番で説明したとおりです。

また、④番でタオルドライによって乾燥させた場合はそのまま⑤に進みます。

要は洗濯機で脱水させるか、タオルドライによって脱水させるかの違いしかありません。

どちらでもいいと言えばそれまでですが、私は型崩れが怖いのでタオルドライで脱水しています。

7.ニット帽を干す

タオルドライが終わったら、いよいよニット帽を干します。

ニット帽の干し方としては、日陰で平干しするのが基本となります。

最近は、平干し専用の洗濯ネットも売られていますので、活用するとよいかと思います。

また、平干し専用の洗濯ネットがないからといって、洗濯バサミに挟んで干すと、跡が残ってしまいますのでしないようにしてください。

もしどうしてもない場合は形を整えて置くなどして工夫してください。

スポンサードリンク

まとめ

今回はニット帽の洗い方についてまとめさせていただきました。

最初は洗濯してもいいかどうかわからないと思いますので、とりあえず裏面の洗濯絵表示を見てください。

ない場合は素材で判断しましょう。

基本的に動物繊維を使用している場合は、洗濯できないことの方が多いです。

この記事が皆さんの役に立つのであれば幸いです。

スポンサードリンク

アドセンス



-ニット帽, 生活
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.