寒さ対策 生活

知っておきたい赤ちゃんの寒さ対策。外出時や部屋の中での対処法とは?

投稿日:

赤ちゃんの体は大人と比べて、体の代謝エネルギーが高く、常に活発に代謝されているため、赤ちゃんの体温は高めです。

それだけに大人が感じる寒さを、赤ちゃんが同じように寒さを感じるわけではないのです。

大人であれば運動した後に体が熱くなり汗をかきますよね。

常に運動しているような状態でいる赤ちゃんにとって、大人と同じように厚着をさせると、かえって熱がこもりやすくなり、体調を崩す原因となることがあります。

赤ちゃんの寒さ対策に悩む方への参考になればと「生まれて間もない赤ちゃんの寒さ対策ってどうしたらいいの?」をまとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの寒さ対策を外出時に行うには?

赤ちゃんの外出に、どきどきで緊張しているという方もいるのではないでしょうか。

実際、寒さに強いとは言ってもどこまで強いのか、防寒対策をどこまでしたらいいのか迷いますよね。

◎抱っこひもを使う場合

抱っこひもを使う場合、赤ちゃんとお母さんとの密着があり温かいので、ママコートを羽織るくらいで大丈夫です。

日差しがあるときにであれば、赤ちゃんとお母さんの密着で汗をかいてしまうことがあります。

背中に一枚汗取りガーゼを入れてあげると、心地よい状態でいられて赤ちゃんも快適です。

◎ベビーカーを使う場合

赤ちゃんをベビーカーに乗せて外出する場合には、日差しがあるときにはベビーカーディガンやベストを羽織って寒さ対策をしちゃましょう。

風が強いときには、ケープを着せたり、おくるみで包んで寒さ対策をしましょう。

冬時期で雪が降っていないけれど風が冷たいというときには、ジャンプスーツ(カバーオールのアウター版)を着せて外出すると安心です。

◎車での移動

車での移動で気をつけたいのが、チャイルドシートと暖房で暑くなりやすいときがあります。

乾燥もするので、こまめに飲み物で水分補給をし、背中には汗取りガーゼを入れて、車内の温度と乾燥のバランスを取りましょう。

車から降りたときに感じる温度差に赤ちゃんは敏感です。サッと一枚羽織れるもので調整してあげましょうね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの寒さ対策を部屋の中で行うには?

赤ちゃんの寒さ対策で気をつけたいのは、着せすぎないことです。

赤ちゃんは生後一か月までは大人よりも一枚多めに、一か月を過ぎたら大人と同じで大丈夫なのです。

ただし、赤ちゃんは外気に慣れていないため、ウイルスに弱く耐性がありません。

ウイルスが部屋の中で増えないように、温度と湿度には気を付けましょうね。

湿度は40~60%を保つようにします。

暖房の温度設定は22度と低めを勧めているところが多いのですが、住んでいる土地や環境によっては温度設定にも幅があると思います。

しかし暖房器具だけでは部屋が乾燥してしまい、湿度が足りなくなることが多いので、加湿器で部屋を潤して温かくしましょう。

赤ちゃんのおむつ替えのとき、背中で汗をかいていないか、暑くて頬が赤くなっていないかなど、様子を見ながら調整していきましょう。

そして換気をこまめにし、空気がこもってしまわなうようにしましょう。

赤ちゃんは床に近く、床に溜まりやすい、汚れや埃と仲よくなりがちです。

生活行動や暖房器具などで、空気が汚れやすく埃も溜まりやすくなるのと一緒に、ウィルスも発生しやすくなります。

こまめに換気をするか空気清浄器を利用して、赤ちゃんが過ごしやすい状態を保ちましょう。

赤ちゃんへの寒さ対策のまとめ

外出時・部屋の中での赤ちゃんへの寒さ対策いかがでしたか?

もう一つ迷う「靴下」を履かせるかどうかについてですが、赤ちゃんは体温の調整に、手足を使って熱を発散させています。

触ってみて温かいようであれば、特に靴下は履かなくても大丈夫です。

しかし、足が冷たく「色が悪い」ようであれば、靴下を履かせ温めて様子をみましょう。

靴下を履かせてから、ぐずりだしたり機嫌が悪くなるようであれば、暑がっていることがあります。

その時は脱がせて、おくるみでちょっと足をカバーしてみたりするくらいで十分です。

外出時・部屋で、車の中で、赤ちゃんが機嫌がいい、背中がさらさらしている・お尻がムレないの3つのポイントを押さえておくことで、赤ちゃんが居心地がいいと感じる空間を作ることが出来ます。

赤ちゃんの寒さ対策は、洋服を着せすぎない・部屋を暑くしない・乾燥させないと、~しすぎないことが一番ですよ。

スポンサードリンク

アドセンス



-寒さ対策, 生活
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.