生活

夏の肌のお手入れ方法、夏でも乾燥するの?保湿が重要な理由

投稿日:2017年5月20日 更新日:

季節問わずお肌のコンディションは気になるものですよね。

特に暑い夏は汗をかくことも多いので、お肌の状態が気になる季節化もしれません。

汗をかくとなんだか顔がてかってしまったり、ベタベタしたり。

では、夏のお肌はどのようにお手入れすればよいのでしょうか?

一緒に調べてみましょう。

スポンサードリンク
  

夏の肌のお手入れ方法とは?

たくさん汗をかく夏のお肌。いったいどのようにお手入れするのがベストなのでしょうか?

夏と冬では肌がさらされる環境が全然違います。

ですから、できれば夏には夏のお手入れをしてあげる事が必要です。

では、具体的にどのようにお手入れするのか具体的に見ていきましょう。

クレンジング・洗顔

普段のお化粧とは別に下地に紫外線対策のためにUVクリームを塗る方も多いと思います。

最近ではさらっと落ちやすいものも出てきていますが、基本日焼け止めって落としにくいですよね~。私もこの落としにくさが理由で日焼け止め塗っていなかった時期もあったくらいです。(UV対策は必要ですのでマネしないでくださいね。)

ですからぜひともしっかり落としたいものですが、だからと言って絶対にゴシゴシ擦ったりせず、まずクレンジング剤で表面のメイクを優しく落とし、次に洗顔で皮脂や汚れをしっかり落とすという2段階で洗ってみてください。

化粧水・美容液・乳液・クリーム

しっかりメイクを落とした後の肌は、夏の私達と一緒でのどがカラカラです。

ですので、基礎化粧品でしっかりと保湿しましょう。

特に夏、オイリー肌と呼ばれる皮脂の分泌が多いタイプの肌の方は、保湿するとさらにベタベタになってしまうのではと思ってしまうかもしれませんが、実は全くその逆で、保湿しないと肌が自分で潤そうとしてさらに皮脂の分泌が激しくなってしまうようです。

ですので、夏には乾燥肌の方はもちろんオイリー肌の方も保湿はしっかりとするようにしましょうね。

スポンサードリンク

夏でも肌は乾燥しやすい?

汗をかくので常に潤っているように感じる夏のお肌。でも実は夏こそ肌が乾燥しやすいってご存じでしょうか?

夏のお肌は、普段よりと~ってもたくさんのストレスにさらされているんです。

なので、夏はより丁寧にお肌のケアをしてあげるべき季節と言えます。

具体的にどんなストレスにさらされているのでしょうか。

・エアコンによる乾燥

暑い夏にエアコンは欠かせませんが、このエアコンによって室内の空気が乾燥してしまいます。また、汗が急速に冷やされてしまうのでその時一緒に水分も飛んでしまうんだそうです。

・紫外線

 太陽がじりじりと近く感じられる夏は、肌が強い紫外線にさらされています。

 この紫外線によってコラーゲンが攻撃されてしまうので肌がダメージを受けてしまいます。

・汗や洗顔、シャワーを浴びすぎる事

 たっぷりとかく汗はそのままにしておくとお肌に刺激になりますが、だからと言って逆に
 一日に何度も洗顔やシャワーを浴びすぎてしまうことも肌の為には良くありません。

 皮脂を奪いすぎる事はかえって乾燥の原因になってしまうので気をつけたいですね。

夏の肌の保湿方法

このように夏には肌にストレスとなるたくさんの要素があります。

なので乾燥肌の方はもちろん脂性の肌という方も、お肌の中はカラカラに乾いているなんてこともありますのでしっかり保湿して潤してあげてください。

さて、具体的にどのように保湿するのかの方法ですが、先ほど述べたようにいつもの基礎化粧品によるお手入れをしっかりしてあげれば基本的にはOKです。

まずはしっかりと汚れを落とし、失った水分をしっかりと補う事これが一番大切ですので。

私のお勧めは、コットンパックです。

いつも使っている化粧水を冷蔵庫で冷やしておいて、お風呂上りなどにコットンにたっぷりとって頬に乗せると、暑い夏にはとても気持ちいいですし、その後の化粧品もしみこみやすくなります。

肌がベタベタしているので本当は夏にあまりいろいろなものを塗りたくないという方にも、この方法なら汗も引いてさらっとするのでお勧めです。

ただ、コットンが乾いてしまうまで顔に乗せ続けるのはかえって乾燥の原因になるので注意してくださいね。

まとめ

暑い夏こそ、実はお肌は乾燥やストレスにさらされているのだということが分かりました。

夏には夏の適切なお手入れをしてあげる事は、エイジングケアにも繋がりしわなども防いでくれますので、後々のためにもしっかりお手入れしましょう。

スポンサードリンク

アドセンス



-生活
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.