ひな祭り

何故ひな祭りで甘酒をお供えするの!?お供え物の意味と由来

投稿日:

毎年3月3日の桃の節句に行われるひな祭り。

ひな人形を飾り付けし、女の子が元気に育つように祈る行事として日本では有名ですよね。ひな人形にお供えするものに菱餅やひなあられや甘酒がありますよね。

しかし、甘酒だけ何故か変な感じがしませんか。女の子の成長を祈る行事ですが、甘酒には多少なりともアルコールが入っています。

影響はないとはいえ、「酒」と言う字が付くものを子供の為にお備えするというのは不思議ではないでしょうか。そこで、ひな祭りで甘酒をお供えする由来と意味について調べてみました。

スポンサードリンク
  

甘酒は桃花酒や白酒の代用品だった!?

ひな祭りの歴史の始まりは、一説では平安時代のおままごとのようなものの「ひいなあそび」と、中国の「上巳の節句」という季節の節目に体を休めて健康を維持する行事が合わさったものが由来と言われています。

その時に中国で邪気を払うと言われて用いられていたものが「桃花酒(とうかしゅ)」です。

白く濁った清酒に桃の花びらを乗せたお酒で、桃の花には気力の充実や健康の維持を出来る力があると言われていました。

江戸時代になると桃花酒になぞらえて、ひな祭りの時には白酒を用いられ始めました。しかし、昔のひな祭りは大人の女性中心の行事だったようです。

その為、アルコールが入った飲み物でも問題はありませんでした。現在では小さな女の子の為の行事となっています。

さすがにアルコールが入っている飲み物は使えないので、桃花酒や白酒に似た代用品ということで、甘酒が用いられるようになりました。

スポンサードリンク

他のお供え物にはどんな意味があるの!?

甘酒には「邪気を払う」という意味があることはわかりましたが、他のお供え物にはどのような意味があるのでしょうか。

どの家庭でも必ずお供えするだろうと思われる物は菱餅とひなあられでしょうか。菱餅はピンク・緑・白の三色の餅を重ねて作ります。

それぞれの色には意味があり、魔除けや健康や清浄を表しているようです。実はひなあられにも四つの色が使われています。

これは日本の四季を表していて、一年間健康でいられるようにとの願いが込められています。このように、お供え物一つ一つに意味があるのです。

ひな祭りは親の娘への気持ちが詰まった行事

甘酒を始め、ひな祭りのお供え物についての意味や由来を調べてみましたが、ほとんどのお供え物に「健康」や「浄化」の意味が込められていました。

親が娘を思う強い気持ちは昔から変わらないものなのですね。

近年では、ひな祭りを行う家庭も段々と減ってきているようです。日本独自の伝統的な行事、変わることなく次の世代に伝えていきたいものですね。

ひな祭り関連記事

初めてのひな祭り!気合の入ったお祝いの服装を娘に!

スポンサードリンク

アドセンス



-ひな祭り
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.