早生まれ

早生まれの学年は選べるの?外国での扱いは?

投稿日:2017年2月15日 更新日:

早生まれの子どもは就学する際、同学年の子どもと比べて発達が遅れていると感じやすい傾向があります。

特に4月1日の子どもは一番最後の早生まれとなるため、前年度の4月2日以降に生まれた子と比較すると1歳近く成長の差が出てしまいます。

もし入学を1年遅らせることができるのなら、周りの子と比べる必要が無いのでありがたいですよね。

また、日本では早生まれ、遅生まれという区別がありますが、外国でも同様なのでしょうか。

早生まれと学年の関係を調べてみました。

スポンサードリンク

1章 早生まれは学年が選べるって本当?

早生まれとは、1月1日から4月1日にかけて生まれた人が該当します。

早生まれで話題になるのが、周りの子どもと比べて体力や学力といった発達が遅いという親の悩みです。

それはごく普通のことで、早生まれの子どもは遅生まれに対して1年早く進学するため、年齢差による違いが出やすいのです。

早生まれが1年遅れて入学することができれば、成長の差がほぼなくなるため、親にとっては喜ばしいことだと言えます。

では、実際に学年が選べるのか見ていきましょう。

・学年を選ぶことは難しい

昔は自治体によって、早生まれは学年を選べるケースがあったようです。

しかし、現在では学年を選ぶことはできないと考えるのが普通でしょう。

理由としては、小学校の入学について法律で定められた基準があるからです。

学校教育法、第17条第1項には、次のように記載があります。

保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。

また、年齢に計算に関する法律と、民法第百四十三条は以下の通りとなっています。年齢計算に関する法律

1 年齢は出生の日より之を起算す。

2 民法第百四十三条の規定は年齢の計算に之を準用す。

民法第百四十三条

期間を定るに週月又は年を以てしたるときは暦に従ひて之を算す。

2 週月又は年の始より期間を起算せざるときは其期間は最後の週月又は年に於て其起算日に応当する日の前日を以て満了す。但月又は年を以て期間を定めたる場合に於て最後の月に応当日なきときは其月の末日を以て満期日とす。

学校は4月1日から3月31日までを1年として扱っています。

学年の初め、つまり4月1日に満6歳になれば学校へ通う義務が生じるのです。

満6歳という年齢の計算については、法律に基づき、人間が歳をとるのは誕生日の前日であるという記述を参考にして行います。

4月1日の人が早生まれに入るのは、3月31日に満6歳を迎えるためです。

学校教育法には「子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初め」という記載があるため、4月2日生まれの人は4月1日に満6歳を迎えても、翌日以降でなければ入学できません。学校の年度初めは4月1日のため、4月2日の人は翌年小学校へ入学することになるのです。

遅生まれの子どもは入学前に満6歳になり、正式に小学校へ通う時には満年齢7歳となります。

早生まれの子どもは満6歳を迎えたばかりで進学をするため、成長の差が出やすい傾向があるのです。

あまり気にしすぎず、子どもの成長を見守る姿勢が大切です。

・早生まれだからかわいそうなのか?

気をつけて欲しいのが、年齢の差が成長の差に必ずしもつながるわけではないということです。

遅生まれだからといって、運動や勉強などがよくできるわけではありません。

子どもによって得意、不得意はありますし、早生まれでも体格が大きかったり、発育の差が気にならない子もいます。

早生まれは他の子どもと比べてかわいそうという判断は、大人の勝手な解釈のひとつです。

子どもがどれだけ能力を伸ばせるかは、結局のところ本人のやる気があるかどうかによります。

早生まれを気にする時間を、子どもが元気に楽しく小学校へ通える努力のために割いた方が効果的だとは思いませんか?

愛情をたっぷり注ぎ、すくすくと成長しているのであれば問題ありません。

気にしすぎず、肩の力を抜いて子育てをしていきたいですね。

早生まれの不利はいつまで?学力やスポーツへの影響は?

スポンサードリンク

2章 早生まれの学年は外国ではどうなっているの?

1月1日から4月1日を早生まれとする考え方は、世界的には珍しい考え方になります。

オランダの早生まれは6月、イギリスやドイツは8月、アメリカは州ごとに違っていますし、
ベルギー、フランス、トルコは12月なのが一般的です。

海外では12月31日と1月1日が境界になっており、同じ年の生まれは同じ学年という国が多いようです。

また、ほとんどの国が8,9月を学校の新年度としており、小学校の場合1月1日前までに満6歳になった子どもの入学を受け入れる傾向があるようです。

新学期の始まる時期と、同学年の区切りが別れているため、特別早生まれ、遅生まれを意識することはあまりないようです。

早生まれがどうしても気になる保護者に対して、海外では学年を落として対応するケースがあるようです。

学年を1つ落とす理由として、幼い頃から運動面の差が目立つと、成長した時に影響が出ると考えられているからだそうです。

ただ、本当に学年を落とすことが子どもにとって良いことなのかは疑問です。

子どもの様子を見ながら慎重に判断するべきでしょう。

早生まれの差異は、子どもが気にし始めることはありません。

親が意識をすると、子どもは敏感にそれを察知し、早生まれは不利なのだと刷り込まれていくのです。

子どもは親の姿を見て、早生まれの自分に後ろめたさやネガティブな印象を持つ可能性があります。

果たして、それは良い子育てと言えるのでしょうか。

早生まれ、遅生まれを気にしすぎてはいけません。

子どもの姿をありのまま受け止め、能力を伸ばしていく手助けをするのが大切ではないでしょうか。

早生まれの幼稚園事情!いつから通わせる?オムツは?心配ごとは?

スポンサードリンク

まとめ

学年を自由に選び、早生まれの子どもを有利な条件で入学させたいと思うのは、親として自然なことなのかもしれません。

ですが、早生まれにとらわれてしまい、子ども本来の力が発揮できなければ意味がありません。

子育て中は周りの子どもと比べて色々なことが気になりますが、子どもの個性を大切にし、成長を見守っていきましょう。

早生まれ関連記事

早生まれの七五三の年齢は?女の子が7歳で行なう時のコツ!

早生まれの人の厄年は?2017年の男と女の年齢は?

早生まれ遅生まれとは?境目は?メリットは何?

早生まれは保育園に不利!?いつから申し込みをするの?

早生まれに4月1日が入るのはなぜ?理由は?学年は選べるの?

スポンサードリンク

アドセンス



-早生まれ
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.