早生まれ

早生まれの人の厄年は?2017年の男と女の年齢は?

投稿日:2017年2月11日 更新日:

厄年と聞くと今年は誰が該当するのかつい気になってしまいますよね。

厄年を調べようとすると、早生まれの人はどのように判断すれば良いのか迷います。

早生まれの人の厄年はどのような基準になっているのか、また厄年の意味や気をつけなければ

いけない理由を調べてみました。

スポンサードリンク

1章 早生まれの人の厄年って?2017年はどうなるの?

厄年と聞くと、何か悪いことが起きるのではないかとつい気になってしまいます。

特に早生まれの人は自分の年齢をどう数えれば良いのか迷いがちです。

2017年の厄年をどのように判断するのか紹介していきます。

・厄年って何?

つい気になってしまう厄年ですが、厄年にはどんな意味があるのでしょうか。

厄年は、一生の中で災厄が多く起こりやすいとされる年齢のことです。

平安時代からあり陰陽道に関わりがあると伝えられていますが、正しい起源は分かっていませ

ん。

厄年とされる年齢は、体力・精神ともに変化しやすく、家庭や社会の中で転機を迎え災厄が発

生しやすいため、慎んで暮らすことが望ましいとされています。

もう一説では、色々な役目を与えられる年であり、大切な役を受けた人は心身を清らかにし言

動に気をつけ、生活を見つめ直す時期が来たという意味合いがあり、人生の節目として祈られ

ていたと伝えられています。

厄年は3年に渡って訪れます。

・前厄...役の前兆が現れる年

・本厄...厄が現れる年

・後厄...厄の恐れが薄らぐ年

厄年にあたる3年間は注意が必要だとされています。

厄年は信用しないという人もいると思いますが、人生の中で色々な事象が起こりやすいとされ

ています。

普段の何気ない行動を見直し、考えていく機会かもしれませんね。

・2017年は早生まれの厄年はどうなるの?

厄年の年齢の数え方は様々で、さらに早生まれとなると難しく考えがちです。

年齢は以下の基準で変わってくる場合があります。

・住んでいる地域や神社の考え方

・数え年か満年齢か

・数え年の加算日を、1月1日で計算(ただし、新暦と旧暦の2パターンがあります)

・数え年の加算日を、2月4日の立春の日で計算

数え年とは、産まれた時に1歳、初めて正月を迎えて2歳、それ以降は正月を迎えるたびに年

齢を重ねていく方法です。

満年齢は産まれた日を0歳とする、現代では一般的な数え方です。

昔は2月4日から翌年の2月3日までを1年とし、厄年として考えられていました。

これは九星気学の考え方に基づいており、現在では占いの手法としても用いられています。

色々な考え方がありますが、現在は厄年を数え年で考えるのが一般的です。

ただ、そうなると早生まれの人は混乱しやすくなります。

早生まれの人は1年早く厄年が来ることになり、学年は変わりますが、数え年は該当するので

厄年になるという現象が起こります。

早生まれの人が2017年の厄年を知る確実な方法は、年齢ではなく生まれた年が厄年に該当

するかを調べることでしょう。

初詣に行くと厄年に当たる人が張り出されているので、それを参考にしても良いでしょう。

また、次の章で男女別に厄年を紹介しますので、良ければ確認して見てください。

スポンサードリンク

2章 厄年男の年齢や早生まれの女の場合は?

厄年には男女ともに年齢が決まっています。

・男性...25歳・42歳・61歳

・女性...19歳・33歳・37歳・61歳

この年の前後が前厄、後厄となります。

この年齢には男女ともに人生の節目であることが多いとされています。

男性は42歳、女性は33歳が大厄とされています。

42歳は「しに」と語呂合わせが悪いのと、昔は42歳で亡くなる人が多かったため不吉だと

されていました。

また、仕事で役職につく人が多い年齢でもあり、ストレスや疲れがたまりやすい年でもありま

す。

33歳は、散々な目に遭う、お金が散々するという言い伝えがあります。

離婚や破談があったり、結婚や出産など大きな節目を迎える可能性が高いです。

精神的に安定しない時期だともされています。

・男女それぞれの厄年は?早生まれの場合は?

2017年の厄年は、不洗観音寺の厄年早見表より、以下のようになっています。

早生まれの人は年齢ではなく、自分の生まれが該当しているかどうか確認してみてください。

・男性の厄年一覧

・25歳

前厄 1994年(平成6年)生まれ 24歳(いぬ年)

本厄 1993年(平成5年)生まれ 25歳(とり年)

後厄 1992年(平成4年)生まれ 26歳 (さる年)

・42歳

前厄 1977年(昭和52年)生まれ 41歳(へび年)

大厄 1976年(昭和51年)生まれ 42歳(たつ年)

後厄 1975年(昭和50年)生まれ 43歳(うさぎ年)

・61歳

前厄 1958年(昭和33年)生まれ 60歳(いぬ年)

本厄 1957年(昭和32年)生まれ 61歳(とり年)

後厄 1956年(昭和31年)生まれ 62歳(さる年)

・女性の厄年一覧表

・19歳

前厄 2000年(平成12年)生まれ 18歳(たつ年)

本厄 1999年(平成11年)生まれ 19歳(うさぎ年)

後厄 1998年(平成10年)生まれ 20歳(とら年)

・33歳

前厄 1986年(昭和61年)生まれ 32歳(とら年)

大厄 1985年(昭和60年)生まれ 33歳(うし年)

後厄 1984年(昭和59年)生まれ 34歳(ねずみ年)

・37歳

前厄 1982年(昭和57年)生まれ 36歳(いぬ年)

本厄 1981年(昭和56年)生まれ 37歳(とり年)

後厄 1980年(昭和55年)生まれ 38歳(さる年)

・61歳

前厄 1958年(昭和33年)生まれ 60歳(いぬ年)

本厄 1957年(昭和32年)生まれ 61歳(とり年)

後厄 1956年(昭和31年)生まれ 62歳 (さる年)

この中でも、男性の1976年生まれと、女性の1985年生まれは大厄とされ、悪いできごとや災難

に遭いやすく、注意が必要です。

早生まれの人でこの表に当てはまる人は、充分な注意が必要です。

厄年の人は、転職、結婚、引っ越し、新居、出産などの生活に変化をもたらす行為は避けたほ

うが無難だとされています。

参考にして、無理のない生活を送るよう心がけましょう。

・厄除け対策をしよう!

厄年がどうしても気になる人のために、厄除けの方法を集めてみました。

一般的な神社での厄払い以外でも方法があるので、参考にして下さいね。

・厄払いをする

神社で厄払いをするのなら、1月1日から2月3日の間に行くと良いとされています。

特に1月1日から1月7日、または1月15日までの期間は松の内と呼ばれ、門松に神様が宿

る時期に厄払いをすると効果があるという言い伝えがあります。

日にちに違いがあるのは地域によって差があるためです。

参拝し、無事に厄年を乗り切れるように努めていきましょう。

・節分に小豆の和菓子を食べる

厄年初日である節分にぜんざいを作り、周りの人に食べてもらい厄を追い払うという考えがあ

ります。

地域によってまんじゅうや餅にあんこをつけて食べるなど様々ですが、小豆を用いた和菓子と

いう点は共通しています。

・厄年の人に贈り物をする

年の初めに長生きできますようにと願いを込めてプレゼントをします。

男性はネクタイ、マフラー、ベルトなど、女性はネックレスやブレスレットといった商品だと

贈りやすいでしょう。

肌身離さず使えるものが良いとされているため、選ぶ時の基準にしましょう。

後厄が過ぎ、無事に厄年の終わりを迎えたら、内祝いをします。

厄年だった当人が周りへ赤飯をふるまうのです。

もし内祝いに呼ばれお返しをするのなら、食べ物や生活用品といった、残らないものが良いと

されています。

また、内祝いで赤飯をふるまうことから、厄年に赤飯を食べると厄を払いきれなくなるため、

口にしないように注意する地域もあるようです。

このように厄年に対する風習はいくつか存在します。

上手く取り入れて、周りの力を借りて乗り越えていきましょう。

早生まれの幼稚園事情!いつから通わせる?オムツは?心配ごとは?

スポンサードリンク

まとめ

厄年の対策方法はたくさんありますが、気にしすぎないことが一番です。

過剰に怯えてしまい、普段の生活に影響が出るのは良くないでしょう。

普段の生活習慣や、人に対する言動など、自分の行いを見直す期間だと捉え、おおらかな気持

ちで迎えることが大切です。

早生まれ関連記事

早生まれの七五三の年齢は?女の子が7歳で行なう時のコツ!

早生まれ遅生まれとは?境目は?メリットは何?

早生まれは保育園に不利!?いつから申し込みをするの?

スポンサードリンク

アドセンス



-早生まれ
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.