体の不調 花粉症

花粉症でアレルギー性結膜炎になる?症状と完治の期間は?【体験談】

投稿日:2016年12月17日 更新日:

春は花粉症の方にとっては大変な時期です。

私自身も15年以上、花粉症なので、辛さはわかります。

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみには悩まされますが、
それ以外にも花粉症で結膜炎になってしまった事が1度だけですが、あります。

花粉症で結膜炎になってしまった時はかなり大変でした。

今回は体験談で結膜炎(アレルギー性結膜炎)について書いていきます。

アレルギー性結膜炎について曖昧で、不安な方は、ここでしっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  

花粉症でアレルギー性結膜炎になる?

私が花粉症(スギ)を発症したのは約11歳の時の事、発症してからは、
毎年のように鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみに悩まされていました。

花粉症で結膜炎を発症したのは花粉症になってから約10年が経とうした時でした。

この時はまだ市販の目薬(花粉症対応)を使って、目のかゆみを抑えていました。

しかしこの年はスギ花粉の飛散が多くなるにつれて、目薬の効果も薄れてきてしまいました。

以前にもはやり目(ウイルス性結膜炎)の経験があったので、たとえ目がかゆかったとしても、
目をかいてはいけないとわかっていました。

でも、無意識に目のかゆみで目をかいてしまっていました。

花粉症での結膜炎を発症する前日は、目は充血していましたが、それ以外はなんともなかったので、
そのまま寝ました。

そして次の日の朝、起きた時に違和感を感じました。

違和感としては、

・目を開けづらい

事です。

恐る恐る目を開けて、鏡で見てみると、目の周りに大量に目やにが付いていました。

大量に目やにが付いていたのは左目の方です。右目の方は少しだけですが、目の周り目やにが付いていました。

以前、はやり目(ウイルス性結膜炎)になった時も大量に目やにが付いていたのは左目の方でした。

大量の目やにを見て、もしかしたら結膜炎になったかもしれないなと感じました。

でも医師に確認してもらわなければ、正式にわからない事でしたので、
すぐに診察してもらわないといけないと思いました。

幸いにもその日は土曜日で、かかりつけの眼科が開いてる日でした。
かかりつけの眼科は日曜日も診察をしていて、いざ目の症状が出たとしても、
迅速に対応できるので、助かりました。

かかりつけの眼科に行く前に私が感じる症状を整理しました。

症状としては、

・大量の目やに(左目)

・涙が出る(左目)

・目の充血(両目とも充血していましたが、左目はかなり充血していて、右目は少し充血していました)

・目の腫れ(左目)

・大量の目やにで目を開けづらい(左目)

です。

かかりつけの眼科で、医師に私が感じる症状を伝えました。

症状を言った後に医師が入念に両目を見て下さいました。

見た後に、これは花粉症で結膜炎になってしまったねとおっしゃってました。

その上で、以前になったはやり目(ウイルス性結膜炎)の違いについても教えてくれました。

はやり目は感染力が非常に強いので、他の人に感染されてしまう可能性があるのに対して、
花粉症による結膜炎(アレルギー性結膜炎)はスギ花粉が原因で結膜炎になってしまったので、
他の人に感染する事はないとおっしゃっていました。

結膜炎について教えてくれた後は、かゆみを抑える軟膏を医師に塗ってもらって、
点眼薬の処方をいただきました。

薬局で処方された点眼薬を受け取りました。

花粉症で目がかゆいからといって目をかいてしまいますと、私みたいに花粉症による結膜炎になってしまうので、
気を付けましょう。

特に子どもかゆみに関しては目をかいてしまう事が多いです。

なので、親やその子どもを見る方々は日頃から様子を見ておきましょう。

スポンサードリンク

処方箋の点眼薬をさすようになってから花粉症による結膜炎はどうなった?

アレルギー性結膜炎に対して、2種類の点眼薬の処方をうけました。

点眼薬の種類ははやり目(ウイルス性結膜炎)の時と同じ種類でした。

点眼薬は2種類でしたので、両目に1種類目の点眼薬をさしたら、
5分間隔を開けて、2種類目の点眼薬をさすという形でした。
1日4回です。

種類が違うとはいえ、以前にはやり目(ウイルス性結膜炎)になった経験がそこで生かす事ができまいした。

早速、処方されたその日から点眼薬をさしました。

1日目
左目の方に目やにが大量に絶えず出て、それを取り除くのが大変でした。
あと、涙も絶えず出ました。目のかゆみに関しては点眼薬の効果で収まりました。

2日目
起きる時に、前日よりも目を開けやすくなりました。まだ目の周りに目やにが付いていたものの、
量が減りました。右目は症状が軽かったので、目の充血がおさまってきました。
左目の方はまだ少し涙が出ました。目の充血は少し改善されました。

3日目
起きる時に、前日よりもさらに目を開けやすくなりました。左目の目やにの方ですが、
目の周りではなく、目の下辺りだけになり、量が減りました。
涙の方も勝手に出なくなり、アレルギー性結膜炎が改善されてきました。
目のかゆみは両目ともないです。

4日目
起きる時に、普段どおりに目を開けられるようになりました。
目の充血もだいぶ改善されてきました。
目やにの量もだいぶ減りました。

5日目
目の充血がもう少しで全快という所まできました。
目やにも出なくなり、もうすぐで全快という所です。

6日目
目やにも出なくなり、目の充血も全快しました。
また、目の違和感もなくなり、いつもの感覚になりました。
右目は症状が軽かったので、3日目には全快していました。
左目の方もこの日をもって全快しました。

私の場合はアレルギー性結膜炎が全快するのに6日かかりました。

あくまでこれは私の回復した期間ですので、ご参考にしていただけたら幸いです。

治療中に気をつけた事はとにかく目をこすらない事です。

目をこすってしまいますと、点眼薬で治療していたとしても、回復は遅れますし、
結膜や角膜を傷つけてしまいます。

医師から処方された点眼薬は薬の相性もありますが、効果が出やすいです。
なので、目のかゆみは抑える事はできます。

結膜炎は全快するのに時間がかかりますので、処方された点眼薬を、
医師の指示通りにさすのが一番いいです。

あと、点眼薬の治療中の間でも目やには出ますので、目を気付けないように処理する事も大事になってきます。

スポンサードリンク

まとめ

花粉症が原因で結膜炎になります。

でもはやり目(ウイルス性結膜炎)とは違って、他の方に感染する事はございませんので、
他の方にうつさないかの心配はしなくて大丈夫です。

結膜炎でもっともわかりやすい症状は大量の目やにと充血です。

目やにや充血の症状が出ましたら、病院で医師に診断をしてもらう事をおすすめします。

花粉症関連記事

花粉症で鼻をかみすぎて肌が荒れる 対処法は?【体験談】

花粉症症状の喉の痛みと炎症がある時の対処法は?【体験談】

花粉症点鼻薬の処方はステロイド 効果と副作用は?【体験談】

スポンサードリンク

アドセンス

関連記事

-体の不調, 花粉症
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 AllRights Reserved.