インフルエンザ 体の不調

インフルエンザと風邪の症状の違いは?発熱の差と見分け方は?

投稿日:2016年10月30日 更新日:

2566b6db20dd07449928328e756ccbca_l

12月~1月はインフルエンザが大流行する時期ですね。

この時期は誰でもインフルエンザに感染しやすい時期であり、
風邪とインフルエンザの症状の違いを見分けていく必要があります。

この症状はインフルエンザかなという事を疑う事で発症から48時間以内に、
病院でインフルエンザと診断してもらえる可能性が高くなります。

「インフルエンザと風邪は症状が違う」とよく聞きますが、
その辺りが曖昧で不安な方は、ここでしっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  

インフルエンザと風邪の症状の違いは?

インフルエンザと風邪の症状の違いは、

・インフルエンザの場合は主に発熱(38度以上)、関節痛、倦怠感、筋肉痛、悪寒が急激に発病します。
 あとは全身に症状が出るのが、特徴です。

・風邪の場合は鼻水、せき、くしゃみ等から症状が出始めて、そこから症状はゆっくりと進行します。
 悪寒の症状も出ますが、インフルエンザに比べて、軽めです。
 あとは全身の症状が出ることがなく、特定の場所に症状が出るのが特徴です。

私の体験談ですと、インフルエンザの場合は発病前は元気なのですが、
勉強中、仕事中に急に症状が出て、かかりつけの医院でインフルエンザの検査をした所、
陽性の結果が出て、インフルエンザだという事がわかりました。

風邪の場合ですと、私の場合はまずのどが痛みから始まり、鼻水、激しいせきと症状が出ます。
あと微熱(37度~38度程度)も出ます。

数年前に急に熱の症状が出て、1日様子を見ました。
深夜の時間帯には38度以上になった事もあり、朝にかかりつけの内科に行って、
インフルエンザの検査を受けた所、陰性だとわかり、風邪だと診断を受けました。
その後は処方された風邪薬関係で回復しました。

ただ、風邪を発症した後に免疫力低下でインフルエンザも発症する事もあります。

病院や医院に行く事も大事ですが、ある程度、自分でインフルエンザを発症する時の症状と、
風邪を発症した時の症状を把握しておくといいと思います。

スポンサードリンク

 

インフルエンザと風邪の違いは発熱の差にも表れる?

インフルエンザと風邪だと発熱した時の差も出てきます。

・インフルエンザの場合の熱は高熱(38度以上)になります。

・風邪の場合は微熱(37度~38度)に落ち着く事が多いです。

私がインフルエンザを発症した時は40度(39度以上)近くまで、熱が出た事があります。
その時はかなり高熱に苦しみました。

体全体が暑くなった感覚で、汗が体全体から出ました。

風邪の場合は微熱(37度以上)です。体全体がつらくなるような事はないのですが、
頭がかなり重い感覚になりました。

熱が出るという事はウイルスと戦ってる証にもなりますが、
同時に体力も消耗します。

風邪の場合は3日以上で高熱が続く事はないのですが、
インフルエンザの場合は、約3日~4日ほど高熱が続く場合があります。

もし発熱の症状が出た時は体温計で、熱を計って、
37度程度の微熱に収まるか、38度以上の高熱になるかというのを見て、
こまめに体温を計っていきましょう。

こまめに体温で計る事で、熱が下がるか、熱が上げるかがわかります。
熱が上がった場合は要注意なので、病院か医院でインフルエンザの検査をする事をおすすめします。

インフルエンザと風邪の見分け方は?

病院、医院に行って診断をもらう事も必要ですが、
自分の体は自分で守るというように、自分がインフルエンザを発症した時の症状、
風邪を発症した時の症状を把握しておいた方がいいです。

そうする事、いざ発症した時に素早く対応ができます。

・私がインフルエンザを発症する時は急に熱の症状が出て、全身の倦怠感が出ます。
 しばらくすると、食欲不振、咽頭痛、咳、関節痛、筋肉痛といった症状が出てきます。

・風邪の場合はまず、のどの違和感から症状が出て、そこからのどの痛みに変わって、
 鼻水、せき、頭が重くなるといった症状になります。

風邪といっても人によってはのどから症状が出る人がいれば、鼻水からの症状、
発熱から症状が出る人もいます。

のどからや鼻水から風邪を発症する場合は比較的、自分でもこれはインフルエンザかなとか、
風邪かなといった事が、見分けはつきやすいですが、
熱から発症する場合はこれがインフルエンザからなのか、風邪なのか、
見分けづらい事があります。

その場合は体温計で熱を計って、37度~38度の微熱(人によっては平均体温が違うので、参考までに)か、
38度以上になるかで見極めていくといいでしょう。

また体温を計った時点で37度程度でも、急に体全体の倦怠感、筋肉痛、
熱が上がったと感じたらインフルエンザの可能性が高いです。

なので、自分自身がインフルエンザになる時の症状、風邪になる時の症状を把握しておくといいでしょう。

まとめ

インフルエンザと風邪に違いに関して書きました。

これからの時期、インフルエンザと風邪どちらも流行しやすいです。
風邪とインフルエンザどちらも発症する事もあります。

インフルエンザは発症してすぐに病院、医院に行ってインフルエンザの検査を受けても、
陰性反応になって風邪の診断が出てしまう事があります。

なので、しばらく様子を見て48時間以内に病院、医院に行ってインフルエンザの検査を受けるといいでしょう。
またすぐに行った場合でも次の日に改めて、病院、医院に行ってインフルエンザの検査を受けるといいです。

自分自身の素早い対応がインフルエンザの早期回復につながります。

インフルエンザ関連記事

インフルエンザ解熱後の症状は?感染力大人は?仕事復帰はいつ?

インフルエンザ解熱後の症状は?感染力大人は?仕事復帰はいつ?

インフルエンザのうがいはイソジン?それとも水?効果の違いは?

スポンサードリンク

アドセンス

関連記事

-インフルエンザ, 体の不調
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 AllRights Reserved.