お正月 年賀状

年賀状元日に届く期限は?25日間に合わない場合は?1日に届ける方法

投稿日:2016年10月18日 更新日:

6027dc57cb333cf8634fdf9d990daf2a_l

12月~年始は年賀状の時期ですね。

年賀状でバタバタする方が多い事かと思います。

理想は事前に年賀状を書いて、すぐに出す事ですが、
現実、そうは行きません。

「年賀状は25日以降に出しても元日に間に合う」という話を聞きますが、
その辺りが曖昧で不安な方は、ここでしっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  

年賀状を元日に確実に届く基本的な期限は?

年賀状の受付は12月15日から開始されます。

12月15日に出せば正月どこか、確実に元旦(元日の朝)に相手先に年賀状が届きます。

ですが、いきなり12月15日の時点で年賀状を書いてない方々が大半だと思います。

日本郵便のHPには12月25日までに年賀状を出すように書かれています。

年末には人手が足りないので、アルバイトと増員しますが、不慣れな為、
仕分けをする時に誤って相手先の所とは別の所に入れてしまい、
一旦、別地域に送られてしまう事がありますし、年賀状が蓄積する場合、
古いものから扱うので、遅く出せば出すほど元旦に相手先に年賀状が届く可能性が低くなります。

そういう関係から12月25日までに年賀状を出すようにと書かれているのだと思います。

ですが、地域や場所によっては12月25日以降に年賀状を出しても、
元日に相手先に年賀状が届く事があります。

隣接地区や同じ地域の場合は25日以降に年賀状を出しても間に合う事が多いです。

仕事や用事が積み重なって、12月25日までに年賀状を出せなかった方がいても、
隣接地区や同じ地域なら間に合うという安心感はあると思います。

ただし、遠い所に年賀状を送る場合はかなり厳しいです。

なので、基本的に確実に年賀状が元日に届く基本的な期限は12月25日までと、
考えてもいいと思います。

でも12月25日に年賀状を出せなかったとしても、郵便局の方でなるべく元日に年賀状を届けられるように、
努力して下さります。

なので、隣接地区や同じ地域の相手先に年賀状を出す場合は慌てる必要はありません。

遠くにいる相手先に年賀状を出す場合はあらかじめ、作成しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

年賀状の投函が25日に間に合わない場合は?

用事や仕事などで、25日までに年賀状の作成が終わらない事もあると思います。

特に年賀状の量が多い方は尚更だと思います。

25日までに年賀状が出す事ができなかったからといって、全く慌てる必要はないですし、
落胆する必要はありません。

25日までに年賀状をせなくても、地域によっては最大、30日の午前までに、
出す事ができれば、元日に年賀状が相手先に届く事があります。

ただし、元日に年賀状が相手先に届く保障はないです。

届く目安としては?

1、引受け郵便局と同じ地域宛で差し出される年賀状は30日の午前中

2、引受け郵便局の郵便番号上2桁と同じ地域宛で差し出される年賀状は29日の夕方

3、同一都道府県宛で差し出される年賀状は28日の午前中
※2と3が同一の場合は29日の午前中

4、隣接都道府県宛で差し出される年賀状は27日の夕方

5、それ以外の地域宛で差し出される年賀状は27日の午前中

引受け郵便局と同じ地域宛の場合だと30日の午前中に出せば間に合う可能性があるというのは、
いいと思います。

郵便局の方々が必死に元日に年賀状を届けようと努力しているのが伝わります。

あくまで目安なので、参考程度で見ていただけたら幸いです。

年賀状を1日に相手に届ける方法は?

25日に年賀状を出せなくても元日に相手先に年賀状を届くようにしたいですよね。

方法として2つ紹介します。

1つ目の方法は?

年賀状はポストから投函するケースが多いと思います。

9565b2ce452266de889c579548421cda_l

ポストからだと日本郵便の方が回収にくるまで、年賀状はポストの中に入ったままです。
すると時間をロスして、間に合ったのが間に合わなくなるといった事があります。

そこで区分けをしている大きな郵便局に直接、年賀状を持っていく事です。

大きな郵便局は休日でもゆうゆう窓口という小さな窓口で受付をしています。

そこに年賀状を直接、持っていく事でポストでの時間のロスを回避できます。
あと、すぐに区分けができるので、

近所に年賀状を出す際に非常に有効なので、やってみてはいかがでしょうか。

2つ目の方法は?

年賀状を速達で出す事です。

直接、郵便局に持ち込めば、郵便局の方が直接、速達のスタンプで押していただく事ができます。

ポスト投函の場合は自分で赤マジック等で、線を引き真ん中に速達と書きます【ー速達ーみたいな感じ】。
そして280円分の切手を貼ります。

引受け郵便局と同じ地域宛で差し出す場合は31日に出しても、元日に年賀状が届きます。

遠距離でも元日の午後に届く事があります。

ですが、速達で出す場合は年賀扱いではなく、速達扱いです。
また年賀扱いではないので、30日に出した場合は31日届く場合があるので、
注意が必要です。

また相手によってはかなり不快な思いをさせる場合(またはそこまでしなくてもという心境)があるので、
よく速達で出した方がいいかよく考えた上で、出した方がいいと思います。

まとめ

25日に年賀状を出せなくても元日に相手先に届ける方法を紹介しました。

年賀状は作成が大変だと思います。特に手書きの方は尚更です。
私自身、手書きだったので、大変でした。

理想は事前に年賀状を作成して25日までにポストが郵便局に出せれば、
それが一番ですが、作る量や用事、仕事などで、
25日までに年賀状を出せない場合は、上記の方法をやってみてはいかがでしょうか。

年賀状関連記事

年賀状を上司に書く時のマナーは?一言は手書き?いつまでに出す?

スポンサードリンク

アドセンス

関連記事

-お正月, 年賀状
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 AllRights Reserved.