お正月 初詣

富岡八幡宮の初詣に行く時のアクセスは?混雑時間帯と屋台は?

投稿日:2016年9月29日 更新日:

2d98d9681c86013e64af8d36820484f7_l

年始は初詣の時期ですね。

初詣はどこに行こうか考えてる方もいるかと思います。

東京の初詣はする所が多くて迷いますよね。

今回は相撲とつながりの強い『富岡八幡宮』を紹介します。

『富岡八幡宮』について曖昧で不安な方は、ここでしっかりと確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  

富岡八幡宮の初詣に行く時のアクセスは?

富岡八幡宮へのアクセスですが、電車の場合は、

・東京メトロ東西線(門前仲町駅)から徒歩約3分
 東京メトロ東西線、各駅の時刻表

・都営地下鉄大江戸線(門前仲町駅)から徒歩約6分
 都営地下鉄大江戸線、各駅の時刻表

・JR京葉線(越中島駅)から徒歩約15分
 JR京葉線、各駅の時刻表 

バスの場合

・都営バス、(富岡一丁目{都07系統、東20系統、東22系統})を下車して、そこから徒歩約3分
 都営バス、停留場の時刻表

車の場合

・首都高速9号深川線(木場・枝川)を出てそこから約3分

です。

初詣、特に正月三が日の時は首都高速、周辺道路の混雑が予想されるので、
正月三が日に初詣に行く場合は電車で行く事をおすすめします。

車で行く場合、富岡八幡宮の駐車場(普通車20台)がありますが、
12月31日~1月3日まで、使用できません。なので、
近くのコインパーキングで止める事になります。

4日以降は富岡八幡宮の駐車場が利用できるようになってるので、
正月三が日の間に富岡八幡宮の初詣に行く場合は気を付けて下さい。

スポンサードリンク

富岡八幡宮の初詣時の混雑時間帯は?

富岡八幡宮の正月三が日時の参拝時間は12月31日23時~1月1日20時、1月2日・3日9時~18時になります。

その中の混雑時間帯は12月31日23時~1月1日2時、1月1日11時~17時、1月2日・3日11~16時
になります。

混雑を気にせず、
元日に参拝したい場合は2時以降~11時前、17時~20時
2日は9時~11時前、16時以降~18時
3日は9時~11時前、16時以降~18時

になります。

特に元日の日中は立ち止まるほど大混雑します。
しかし警備員や警察が列を整備して下さるので、
1~2時間程度で参拝できるかと思います。

2日以降は立ち止まらない程度の混雑なので、
1時間も待たずに参拝ができると思います。

なお4日になると9時~17時と通常の参拝時間に戻ってしますので、
気を付けてください。

参拝するまでの待ち時間があるので、しっかりと防寒対策をしっかりしてきた方がいいでしょう。

富岡八幡宮の初詣時の屋台は多くある?

富岡八幡宮の屋台ですが、参道に約50軒の屋台があります。

門前仲町駅から道路上に約20軒の屋台があります。

東京の中でも屋台が多い初詣のスポットになってます。

定番の屋台もあれば(やきそば、フランクフルト、たこ焼き)、
珍しい屋台もあります。

自分の中のおすすめは中澤製菓のベビーカステラです。
他の屋台でもベビーカステラを食べた事がありますが、
富岡八幡宮の中澤製菓のベビーカステラは外がカリッとしていて、
中はもっちりして、卵をハチミツを融合していて、とても旨かったです。

屋台自体は1月5日(前後する場合があり)頃までやってますので、
参拝が終わった後に屋台に寄ってはいかかでしょうか?。

あと家でご飯が食べられなかったとしても屋台でお腹を満たす事ができます。

まとめ

参拝以外にもおみくじ引いたりやお守りも買えるので、
色々、楽しめるかと思います。

富岡八幡宮は別名、「深川八幡」といいます。

富岡八幡宮は相撲とゆかりがある所です。

私がおすすめしたいのが超五十連勝力士碑です。

本場所(大相撲)で50連勝以上記録した力士にしか名を刻む事しかできない石碑です。

歴代で6人しかいません。白鵬は63連勝をしているので、名を刻まれる権利は得ていますが、
当該力士の引退待ってからの刻名となります。そのためまだ超五十連勝力士碑には刻まれていません。

なので5名の力士の名が刻名(谷風、梅ヶ谷、太刀山、双葉山、千代の富士)されています。

超五十連勝力士碑の他にも横綱力士碑、大関力士碑など相撲とゆかりがある所が見れるので、
初詣の参拝後にじっくり見てはいかがでしょうか。

初詣関係記事

東京のおすすめの初詣は湯島天神?待ち時間と合格祈願は?

成田山新勝寺の初詣は電車?混雑はどうなってる?屋台の食事は?

東京大神宮の初詣の時の混雑は?おみくじと参拝後のご利益は?

スポンサードリンク

アドセンス

関連記事

-お正月, 初詣
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 AllRights Reserved.