疲れ 肩こり

冬の肩こりがひどい!発症する原因と効果的なストレッチをご紹介

投稿日:

冬場になると、むくみの次に悩むのが肩こりですよね。

今回はそんな冬場の肩こりで悩む方たちのために、肩こりに関する記事を作りました。

この記事さえ読めば、肩こりが起こる原因やストレッチのやり方などに関する知識が身に付きます。

ぜひこの記事を読んで日々の生活に役立ててくださいね。

スポンサードリンク

 

冬の肩こりが厄介である原因とは?

まずは通常の肩こりが起こる仕組みについて解説していきたいと思います。

肩こりは首から肩にかけての筋肉が緊張し固くなることによって起こります。

さらに冬場は寒さによって血管が収縮するため、筋肉の緊張と寒さによる血管の収縮で血管がより圧迫された状態になります。

したがって首から肩にかけての血行が悪くなり、張りや痛みが出てきてしまいます。

このように張りや痛みが出てきた状態を肩こりと呼んでいます。

では、なぜ通常の肩こりより冬の時期に起こる肩こりの方が厄介なのでしょうか?

実は、冬の時期は寒さの影響で普段肩こりにならない人でも肩こりになったり、普段肩こりになる人の場合は、肩こりが悪化したりします(私もその一人です)。

おそらく通常の肩こりより冬場に起きる肩こりの方が厄介だと言われているのは、上記のような理由からそのように言われているのだと思います。

この次の項では、そんな厄介な肩こりに効果的なストレッチ法をご紹介します。

冬の時期の肩こりで悩む方はもちろん、普段肩こりがなかなか治らなくてひどいという人にも役に立つ内容になっていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

冬の肩こりに効果的なストレッチ法とは?

ここからは肩こりに効果的なストレッチの方法を解説していきます。

このストレッチの方法は床や畳に座った状態でも椅子に座った状態でもできますで、どんな方でもやりやすいと思います。

ストレッチをやる前に、まずどのぐらい肩がこっているか現状チェックをしてみましょう。

1 背中をまっすぐにし、座った状態で天井を見上げてください。
どこまで首が上がりますか?背中や首のツッパリはどうですか?

2 おへそをのぞき込むような意識で下を見てください。
首の後ろ、背中のツッパリはどうですか?

続いて真正面を見てそのまま首をゆっくりとぐるぐる回してください。
突っ張った感じはどうですか?

後で効果をより実感するために、このツッパリ具合を覚えておいてくださいね。

それではストレッチのやり方について説明させていただきます。

まずは基本となる動きから解説していきます。

1 頭の後ろで両手を組んで、肘を開きながら天井を見上げます。軽くて大丈夫です。

2 ひじを閉じながらおへそをのぞき込みます。

もう一度やってみましょう。

ひじを開きながら背中を反らし、天井を見上げます。続いてひじを閉じながら背中を丸めておへそをのぞき込みます。

3 そのまま真ん中(真正面を見る)に戻ります。

この動きがベース(基本)となりますので覚えておいてくださいね。

それでは一つ目の動きです。

目の動きと頭の動きを逆にします。

さっきの基本の動き(両手を頭の後ろで組んでゆっくり上下を見る)をするときに、頭を天井に上げる時、目を下に持っていきます(下を見ます)。

逆も同じで、おへそをのぞき込むとき、目を上に持っていきます(上を見ます)。

呼吸を止めず、力を入れず楽にした状態で5回ほど行ってください。

終わったら手を下ろし少しお休みします。

続いて二つ目の動きです。

頭の動きと背中の動きを逆にします。

天井を見る時(頭を上に上げる時)に背中を丸くしてください。

今度はおへそをのぞき込む時(頭を下に下げる時)に背中を反らせてください。

決して両手で首の後ろをギュッと引っ張ったりしないようにしてください。

5回やり終わったら手を下ろし少し休んでください。

続いて3つ目の動きです。

今度は横の動きが加わります。

お尻をリズミカルに振る格好になります。

右手の手の平を左こめかみに付け指先は耳の先に引っ掛けます。

頭は軽く右側に傾けます。

続いて右のお尻を少し持ち上げ、左側のお尻に体重を掛けます。

すると、首が右に傾くと思います。

今度は反対に左側のお尻を持ち上げ、右側のお尻に体重を掛けます。

今度は首が元に戻る(頭が上がってくる)と思います。

決して首を強く引っ張らないようにしてください。

右手が終わったら、今度は左手側も同じようにして行います。

この体操も5回繰り返します。

体操はこれでおしまいです。

ここで最初やったように、もう一度現状チェックしてみましょう。

天井の見える位置、首や背中のツッパリはどうですか?

おへそをのぞき込む時の首や背中のツッパリはどうですか?

最後はぐるぐると首を回してみましょう。

首や背中のツッパリはどうなりましたか?

もし少しでも変わっていれば幸いです。

スポンサードリンク

アドセンス



-疲れ, 肩こり
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.