生活 結露

冬に起きる窓の結露 原因と対策について

投稿日:

冬の悩みの一つとして挙げられるのが、冬に起きる窓の結露だと思います。

湿気が伴ってカーテンは湿るし、カビも生えやすくなりますし、窓を拭くのも面倒ですよね。

今回はそんな冬に起きる窓の結露についてまとめてみました。

この記事さえ読めば窓の結露の原因と対策が分かるようになります。

この記事が悩める方たちの手助けになればこれに勝る喜びはありません。

スポンサードリンク

窓が結露してしまう原因とは?

窓に結露が発生する原因としては、家の中側と外側の気温差で発生すると思っていただいて問題ないかと思います。

実は温かい空気と冷たい空気で、含むことのできる水分の量が違います。

基本的に冷たい空気のほうが、含める水分の量が少ないと思って大丈夫です。

冬場はこたつ、暖房、ファンヒーター、床暖房などで家の中は温かくなっています。でも冬なので外は寒いですよね。

したがって、部屋の内側の温かい空気と外側の冷たい空気で温度差が発生します。

冷たい空気のほうが含める水分の量が少ないので、温かい空気に含まれていた水分は冷やされて水滴が発生します。

例えば夏場、眼鏡をかけて車を運転している方ならわかると思いますが、車内のクーラーをガンガンにつけた状態で車から降りてきたら、眼鏡が曇ってないですか?

あれも発生原理は冬に起きる結露と全く一緒で、内側(車の中)と外側(車の外)の気温差によるものです。

スポンサードリンク

冬でも窓が結露しないための対策はあるの?

リフォームをするのが一番の改善策ですが、そこまで出来ないという方も多いかと思います。

したがって今回はそんなに手間をかけることなく簡単にできる結露対策を解説していきたいと思います。

1 換気する
原始的で一番効果的なのが、窓の換気です。

部屋の中にある温かい空気と外の冷たい空気を入れ替えて、外との温度差を少なくすることによって、結露を発生しにくくさせます。

湿気を含んだ中の空気を外に出し、冷たい外の空気を入れることによって湿度が高くなることも防ぐことができます。

2 断熱ガラスまたは遮熱ガラスに差し替える
熱の流入や流出を防ぐことのできる断熱ガラスや遮熱ガラスに差し替えるのも、結露対策として効果があると思います。

たとえば、真空ガラスのスペーシアは普通の窓ガラスに比べて約4倍の断熱効果があります。

また、断熱ガラスや遮熱ガラスには紫外線を防ぐためのUVカット効果があるものもあるので床や肌のダメージも守ることができます。

3 二重窓や断熱シートを取り付ける
二重窓とは、既存の窓の内側にもう一枚窓を取り付けることを言います。

断熱ガラスや遮熱ガラスと同じような効果があり、予算は50万円ほどで出来ます。

また、自分でしたいという方や、予算的に少しでも安くしたい方の場合は、断熱シートを取り付けるなどの方法があります。

たとえば、スリーエム社の断熱フィルムはUVカット効果がある場合は15,000円、ない場合は18000円なので、UVカット効果があるかないかでも3000円ほどの差しかありません。

まとめ

今回は結露の原因と対策の方法についてまとめさせていただきました。

いろいろな方法がありますので、自分のライフスタイルに合った方法を試してみてくださいね。

スポンサードリンク

アドセンス



-生活, 結露
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 All Rights Reserved.