夏至 生活

夏至を英語で説明すると?仏語との関係は?

投稿日:2017年3月26日 更新日:

夏至を英語で説明する時は何と言えば良いのでしょうか?

いざという時に分かりやすい英文を知っていると便利ですよね。

仏語との関わりも調べてみたので、合わせて参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

夏至を英語で表すと?説明するには?

そもそも夏至とは何でしょうか。

夏至は1年のうちで昼が一番長く、夜が短い日だと言われています。

毎年6月21日頃日本では夏至を迎えます。

・夏至は英語で何と言うの?

夏至は英語でsummer solsticeと表記します。

The summer solsticeと書くこともでき、この場合のTheは最上級の意味が含まれています。

1年の中で最も日が長いため、このように記載することができると言えます。

ちなみにsolsticeには最高点、極点と訳すことができます。

さらにラテン語では、solは太陽、sistere”は動かないという意味をそれぞれ持っています。

summerがつくことで、夏の最高点、つまり夏至を表現しているのです。

夏至という英語を日本で伝える分にはこの単語を使用すれば問題ありませんが、北半球と南半

球では季節が異なるため、別の表現を使うと分かりやすいでしょう。

例えば

The day becomes longest at the summer solstice in the Northern Hemisphere.

日は北半球で夏至で最も長くなります。

the summer solstice and the winter solstice, when the sun reaches its highest or lowest point in

the sky at noon

夏至と冬至点(太陽は、正午に空でその最も高いか最も低い点に着きます)

このように、日が一番高く昇った状態だという説明文を加えることにより、夏至を分かりやすく説明することができます。

・他にもある!夏至を表す言葉!

solsticeという単語を使わなくても、夏至を表現することは可能です。

the longest day of the year.

日が1年中で最も長い日です。

1年のうちで日が一番長く、夜が短いという特徴を説明すれば、難しい単語を使わなくても夏至を説明することは可能です。

例文は日の長さのみで表現されていますが、夜についての説明文を付け加えれば、より分かりやすいでしょう。

solsticeという単語は滅多に使用しません。

そのため、いざ使おうとした時にぱっと思い浮かばない時もあるでしょう。

その際は夏至がどんな日なのかを考えて言葉を選ぶと、伝わりやすくなるはずです。

楽しんで英語で表現していきましょう。

2カ月で最低200点保証の圧倒的パーソナルコーチ【TOKKUN ENGLISH】

スポンサードリンク

夏至は英語と仏語で同じ単語を使うの!?

夏至は英語と仏語双方でsolsticeという単語を使います。

仏語ではsolstice d’eteと表記し、英語ではsummer solsticeとなります。

つまり、夏を表す単語が違うだけでsolsticeという言葉を覚えれば英語でも仏語でも活用ができるのです。

なぜこのように単語が似ているのか、その理由を調べてみました。

・英語と仏語のなりたち

英語はイギリス発祥だと言われており、ゲルマン系言語だと言われています。

ゲルマン系言語にはドイツ語やオランダ語などが含まれます。

英語は世界の共通言語と言われるほど喋る人が多く有名ですが、主流になったのはここ数百年の間のできごとだと言えます。

約500年前はイギリスとアイルランドで使用されており、まだ世界には広まっていませんでした。

英語が大衆に広まりを見せたのは1066年にフランスがイングランドを征服したことがきっかけでした。

英語は文法を変えながら変化し、やがてイギリスが北米、オーストラリアなど植民地を増やしていく中で定着していったと考えられています。

イギリスから独立したアメリカが英語を使っていたことも大きな影響がありました。

こうして英語は世界中に広まり、それぞれの国で独自の進化を遂げていったのです。

フランスでは、初めローマ文明とともに入ってきたラテン語が使用されていました。

仏語は6世紀頃にそれまで使われていた古典ラテン語が衰退していく中で、徐々に主流となった言語です。

乱れてきたラテン語をシャルルマーニュは古来ながらの言語に近い状態に正します。

しかし、口にする言葉と表記する文字との差が広がってしまい、話し言葉はやがて俗ラテン語と呼ばれるようになりました。

この俗ラテン語が変化したものが仏語の始まりだと言われています。

フランス全土に仏語は広まりを見せ、13世紀後半には国内で主流の言語として確立されました。

・英語と仏語は似ている?

英語はゲルマン系言語ですが、ラテン語が多く含まれています。

そのため、ラテン系言語を学ぶ際に英語を習得していると身につきやすいとも言われています。

仏語はラテン系言語のため、英語と共通している部分が多々あります。

文法がどこか似ていたり、同じ単語が使われているのは自然なことなのです。

夏至を通して英語と仏語の共通点を知ることができるなんて、何だかおもしろいですね。

スポンサードリンク

まとめ

夏至という英語は使用する機会が少ないため、単語を覚えられない可能性もあるでしょう。

そんな時は夏至がどういう日なのかを伝えることにより、分かりやすく表せますよ。

また、英語と仏語では夏至を説明する際に共通の単語を利用している点は見逃せませんね。

夏至という英語をきっかけに、仏語を知る機会になればと考えています。

夏至関連記事

夏至の食べ物で日本縦断!北海道・東北・関東・関西・九州の夏至事情

夏至・冬至っていつ?読み方や春分・秋分の関係は?太陽の角度って?

夏至のイベントを見てみよう!東京・大阪・世界まで!

夏至の日はいつ?日照時間・日の出の方角・日の入りは?お風呂は?

スポンサードリンク

アドセンス

関連記事

-夏至, 生活
-,

Copyright© 様々の情報を発信します! , 2017 AllRights Reserved.